2019年3月19日 (火)

DUFF McKAGAN『BELIEVE IN ME』(1993)

GUNS N' ROSESダフ・マッケイガン(B)が1993年9月(日本では同年10月)に発表した、現時点で唯一のソロアルバム。当時はガンズが『USE YOUR ILLUSION I』(1991年)および『同 II』(同年)に伴うワールドツアーが終了したあとで、バンドとしての活動が一時的に休止していたタイミング。本作の2ヶ月後には、事前にレコーディングされていたカバーアルバム『THE SPAGHETTI INCIDENT?』(1993年)もリリースされています。

ガンズの在籍メンバーとしてはいち早くソロ活動に乗り出したダフ(元メンバーのイジー・ストラドリンは脱退後の1992年にアルバムを発表していますが、ガンズに所属したままでのソロ活動はこれが初)。このアルバムでダフはベースはもちろんのこと、リードボーカルやリズムギター、ドラム、ピアノなど大々的に挑戦。どこか“スリージーロック版レニー・クラヴィッツ”みたいなスタイルで、アルバム作りに臨んでいます。

曲によってはさまざまなゲストミュージシャンも多数参加。スラッシュ(G)やギルビー・クラーク(G)、ディジー・リード(Key)、マット・ソーラム(Dr)といった“アクセル・ローズ抜き”ガンズの面々に加え、ジェフ・ベック(G)やレニー・クラヴィッツ(Vo)、当時SKID ROWのメンバーだったセバスチャン・バック(Vo)、デイヴ・スネイク・セイボ(G)、ロブ・アフューソ(Dr)など、顔の広いダフらしい豪華な面々が華を添えています。

ダフ自身はガンズのアルバムやライブでも「So Fine」や「New Rose」「Attitude」などでその歌声を披露してきましたが、決して個性的で上手というタイプではない、雰囲気で聴かせる“ヘタウマ”タイプ。当然このアルバムでもそういったスタイルが全開で、ガンズのアルバムをパンク/オルタナ側に寄せたその作風に妙にフィットしています。スラッシュがリードギターを弾きまくるオープニング曲「Believe In Me」からして、そのカラー押しまくりですものね。

かと思えば、クラヴィネットを多用したファンキーな「(Fucked Up) Beyond Belief」があったり、オルガンやストリングスを被せたスローバラード「Could It Be U」があったりと、相変わらず器用さも提示している。なんて感心していると、1分半程度のタイトルまんまな疾走パンクチューン「Punk Rock Song」なんて曲もある。さすがダフ、我々の思い描くパブリックイメージを裏切りません。

さまざまなゲストミュージシャンのカラーも強く打ち出しながらも、それに消されることのないダフの個性。アルバムとしては決して完成度が高いとは言い難いラフな内容ですが、そこも含めて当時のガンズのメンバーが作ったソロアルバムという印象が強いかも。この春、久しぶりにソロライブを行うというダフ(※参照)、そのあとには本作以来となるソロ名義でのアルバムもリリース予定なんだとか。ガンズでの活動を経た今の彼がどんな作風のアルバムを作るのか、そしてどんなゲストが参加するのか、とても気になります。



▼DUFF McKAGAN『BELIEVE IN ME』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2019 03 19 12:00 午前 [1993年の作品, Duff McKagan, Gilby Clarke, Guns n' Roses, Jeff Beck, Lenny Kravitz, Sebastian Bach, Skid Row, Slash] | 固定リンク

2017年3月28日 (火)

SEBASTIAN BACH『GIVE 'EM HELL』(2014)

元SKID ROWのフロントマン、セバスチャン・バックが2014年にリリースしたソロアルバム第3弾『GIVE 'EM HELL』。アクセル・ローズがゲスト参加したソロ第1弾『ANGEL DOWN』(2007年)、ボビー・ジャーゾンベク(Dr)やジョン5(G)が参加した2作目『KICKING & SCREAMING』(2011年)とそれぞれ話題作となりましたが、本作もそれに負けじと劣らずの内容です。

まずアルバム全体でプレイするバンドメンバーにダフ・マッケイガン(B)&ボビー・ジャーゾンベク(Dr)というHR/HMファン歓喜のリズム隊、ギターにアヴリル・ラヴィーンや P!NKなどと共演経験を持つ若手デヴィン・ブロンソンン、さらにゲストプレイヤーとしてジョン5、スティーヴ・スティーヴンスが参加。それぞれ1曲、3曲で個性的なプレイを聴かせてくれます。

内容的には過去のソロ作の延長線上、というよりもSKID ROWで聴くことができたバズの魅力をより濃密にしたもの。ひたすらアグレッシヴに突き進む「Hell Inside My Head」からスタートすると、あとはストップボタンを押さない限りはバズの猛攻の連続。作風的にはSKID ROWの3作目『SUBHUMAN RACE』をより生々しくしたようなテイストで、パンキッシュというよりはメタリックな色合いがほうが強いかもしれません。

それは演奏面にも言えることで、ジョン5やスティーヴ・スティーヴンスのようなテクニカルなギタリストのプレイが乗ることで、ダフ&ボビーの地を這うようなリズム隊のプレイもより活きてくる。その上でのたうち回るバズのボーカルも昔より太くなったことで、豪快さと迫力はSKID ROW時代以上のものがある。また、新加入のデヴィン・ブロンソンンのプレイも一聴して地味そうなんだけど、実はかなりテクニカル。ソングライティング面でもプロデューサーのボブ・マーレットとともにいい仕事ぶりをしてくれたと思います。特に楽曲面に関しては、前作まで在籍したニック・スターリングがかなりの貢献度だっただけに心配したのですが、これはこれでアリ。

そんな中で異彩を放つのが、APRIL WINEのカバー「Rock N' Roll Is A Vicious Game」。ハーモニカをフィーチャーしたアーシーなバラードは、どこかSKID ROWの1stアルバム時代を思い出させてくれます。ひたすらゴリゴリで突き進む作品だけに、この曲になるとちょっと肩の力が抜けてしまいますが(しかもこれに続くのが、オルタナメタル色の強い「Taking Back Tomorrow」なんだから、そのギャップがね)、そこさえ気にしなければ全体的に素晴らしい1枚だと思います。

そういえばバズも『LOUD PARK 12』以来となる5年ぶりの来日公演が『L.A. METAL SUMMIT in TOKYO』で実現するんですね。フェスの趣旨的にSKID ROW時代の曲が多めになりそうな気がしないでもないですが、できたらこの最新作からの楽曲も生で聴きたいものですね。



▼SEBASTIAN BACH『GIVE 'EM HELL』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 03 28 12:00 午前 [2014年の作品, Sebastian Bach, Skid Row] | 固定リンク