2004/11/13

SILVERTIDE『SHOW AND TELL』(2004)

SILVERTIDEってどういう立ち位置にいるバンドなんですか?

 いやね、これって15年前だったら絶対に「rockin'on」に取り上げられないで、「BURRN!」辺りで『第二のGUNS N'ROSESを探せ!』みたいなコーナーで、ROCK CITY ANGELSやLITTLE CEASER辺りと一緒に(って誰も知らねーか、この2バンド。めちゃめちゃカッコ良かったのにね)取り上げられてたであろう音のバンドだよね。

 いや、悪いことじゃないよ、こうやって広いメディアで扱われることは。JET辺りと並列で語られるのかもしれないしね、この手のバンドは。

 でもさ。やっぱり俺からすればこれは間違いなく古き良き時代のアメリカン・ハードロックであって、ちょっと前のBUCKCHERRYやNEW AMERICAN SHAME、最近だとDIRTY AMERICANS辺りと肩を並べる良質なバンドだよな、と。何でSILVERTIDEがVAN HALENやVELVET REVOLVERのオープニングアクトに起用されたのかも、この音を聴けば納得いくでしょう。

 だからさ。若者よ、もっとハードロックを聴きなさい。「BURRN!」を読みなさい。

 ま、俺は読まないけどなー(えーっ)



▼SILVERTIDE『SHOW AND TELL』
(amazon:限定盤通常盤

投稿: 2004 11 13 08:25 午後 [2004年の作品, Silvertide] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック