2017/12/13

SIMPLE MINDS『ONCE UPON A TIME』(1985)

1985年秋にリリースされた、SIMPLE MINDSの7thアルバム。同年初頭に映画『ブレックファーストクラブ』のサウンドトラックからシングルカットされたオリジナルアルバム未収録曲「Don't You (Forget About Me)」が初の全米No.1を記録し(これが初のUSシングルチャートイン曲)、その勢いをうまく引き継ぎながら発表されたのが、この出世作となるアルバムでした。結果、アルバムから「Alive And Kicking」(全米3位)、「Sanctify Yourself」(全米14位)、「All The Things She Said」(全米28位)とヒット曲を連発し、アルバム自体も最高10位まで上昇しました。

プロデュースを手がけたのはジミー・アイオヴィン(U2、ブルース・スプリングスティーンなど)とボブ・クリアマウンテン(ブライアン・アダムスなど)という“ザ・80年代”な組み合わせ。それまでのスティーヴ・リリィホワイトやジョン・レッキー、ピーター・ウォルッシュなどの“いかにもUK”な人選と比較すれば、彼らがこのアルバムでアメリカ制覇を狙っていたことは明らか。実際、それまでのニューウェイヴがかったサウンドから、本作はより大陸志向の壮大なロックを奏でています。

女性ボーカルをフィーチャーしたアレンジや、大きなノリ、U2のエッジ(G)を思わせるギターストロークなど、彼らがどこを狙っているか、聴いてるだけでジワジワ伝わってくる。そこにニューロマンティックなどの“2ndブリティッシュ・インヴェンジョン”勢を思わせるテイストも加味し、「そりゃあ、アメリカ人い気に入られるよ」ってな楽曲を作り上げる。オープニングトラックの「Once Upon A Time」を筆頭に、そういう楽曲がずらりと並ぶのですから、嫌いになれるわけがない。

切なさを伴う「All The Things She Said」やダンサブルな「Ghostdancing」、本作の軸にして壮大な1曲「Alive And Kicking」、ポップで親しみやすい「oh Jungleland」や「Sanctify Yourself」、ニューウェイヴの色合いを引きずる「I Wish You Were Here」、不思議なリズム感の「Come A Long Way」と、1曲1曲の濃さがとにかくすごい。全8曲で40分という聴きやすさもあって、何度も聴き返したくなる1枚です。ホント、中学生の頃よく聴き込んだアルバムで、リリース当時はアナログ盤だったのですが、高校生になってから改めてCDで買い直したほどお気に入りの作品です。

2015年にはリリース30周年を記念したリマスター&デラックス盤も発売。2枚組使用にはシングルのカップリング曲やダンスリミックス、先の「Don't You (Forget About Me)」などが収録されたボーナスディスクが付いているので、これから購入するならこちらをオススメします。



▼SIMPLE MINDS『ONCE UPON A TIME』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / 海外盤2CD / 海外盤BOX SET / MP3

投稿: 2017 12 13 12:00 午前 [1985年の作品, Simple Minds] | 固定リンク

2004/09/04

とみぃ洋楽100番勝負(16)

●第16回:「Alive And Kicking」 SIMPLE MINDS('85)

 覚えてる人がどれくらいいるか正直判らないけど、俺の根っこにある部分のひとつが、こういう大袈裟に盛り上げていくタイプの楽曲なわけですよ。QUEENとかMEAT LOAFとか好きだしね。ま、このSIMPLE MINDSは全然タイプが違うけど。どっちかっていうとU2タイプなんだけどね。

 で、そのU2同様アイルランドはベルファスト出身の彼等。アメリカではこのアルバムの前にリリースされたシングル "Don't You (Forget About Me)" が映画絡みで1位になったことで注目されるわけですが、この "Alive And Kicking" という名曲を含むアルバム「ONCE UPON A TIME」で完全に化けるんですね。プロデュースにジミー・アイオヴィン(U2とかTHE ALARM)とボブ・クリアマウンテン(ブライアン・アダムス)という、'80年代の象徴みたいな人達を迎えて、凄くクリアなんだけど芯が太い‥‥みたいな、ホント典型的な'80年代の音。けどこれが今聴くと意外と心地よいのね。ギターのディレイのかけ方とかは完全にU2以降で、ドラムはTHE POWER STATION以降、シンセのきらびやかさなんてまんま'80年代のもの‥‥そんな音。もうこういう音を出せるバンド、どこにもいないんだろうなぁ‥‥

 ゴスペルみたいなコーラスとジワジワ盛り上がっていく曲構成/アレンジが最高。起承転結がハッキリしてるし、ギターソロから続く『「転」のパート』といえるピアノのソロパートなんてもう、鳥肌モノだしね。これが全米2位を記録したのもよーく判ります、ええ。

 その後メンバーの脱退とかあったり浮き沈みを繰り返しつつも、実は未だに存続している彼等。最近新作出したり過去の作品(「ONCE UPON〜」も含む)のリマスター盤をリリースしてるんですが‥‥もう二度と来日なんて実現しないんだろうなぁ‥‥一度は観たかった‥‥



▼SIMPLE MINDS「ONCE UPON A TIME」(amazon

投稿: 2004 09 04 12:00 午前 [1985年の作品, Simple Minds, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック