2010/01/31

SKE48 チームKII 2nd「手をつなぎながら」公演@SUNSHINE SAKAE(2010/01/31)

昨日に引き続き、SKE48観戦記録を。今回の名古屋行きのメインは、正直チームSよりも初見のチームKIIだったりしたわけですが、これがもう……想像以上で大満足でした。

ぶっちゃけ、KIIのメンバーで顔と名前が一致する子ってほんの数名だったんですよ。片手で数えられる程度で、しかもそのほとんどはTwitterのTL上でよく名前を目にする子という。公演内容自体はチームSで過去2度観てる「手をつなぎながら」公演なのでまったく心配してなかったのですが、メンバーに関しては特に予習せず行き当たりばったりで楽しもうかなと。ま、AKBのときも特にメンバーの顔とか名前とか覚えずに行って、帰ってきてから気になる子のことを調べてたので一緒ですけどね。

思えばKIIをちゃんと観たのって昨年5月に名古屋ボトムラインでやった初ワンマンライブ以来。あのときは初々しいな程度の感想だったのですが(そもそもあの日は、初めて観たチームSのインパクトが強烈すぎてそれどころじゃなかったんだけど)……いやぁ、期待以上でした。期待値はそこまで低くなくて、きっと自分が想定してる平均ラインは軽く上回ってくれるだろうなと思っていたんですが。正直ヤラれたなぁと。

もうオープニングの「僕らの風」からガツンとやられ、M-3「手をつなぎながら」で危うく涙出そうになって。ホントこの曲聴くと涙腺緩むんだよなぁ自分。マズイマズイ。

チームSと同じ公演、同じ曲、同じ衣装、同じ振り付けなのに、まったく違った印象。なんだろう……まだ1回しか観てないので確信めいた言葉は出てこないんだけど。語弊があるかもしれないんだけど、チームSとチームKIIって、AKBでいうところのチームKとチームBみたいな違いを感じたかな。レベルの違いではなく、個性の違いって意味でね。それくらい2組の個性が確立されつつあるんじゃないかな。そんな気がしました。

ただ、ユニット曲に関しては……やっぱりSの印象が強くて、どうしても比べちゃう自分がいたり。全体曲だとそこまで気にならないんだけど、やっぱり少人数になるとどうしてもね。そこは自分がよくないのか、はたまた“Sのイメージを払拭できない”KIIが悪いのか。どっちもなんだろうけど、ここについてはまた2カ月後とかに観たらイメージ変わってると思うので、そこまでマイナスには感じてなかったり。それにSだって、1stのPARTY公演を観たときにAKBと比較したりもあったから、そこは仕方ないのかなと。

あと、あれだ。KIIはMCが未完成な部分が多くて、そこが非常に面白かった。これ、場合によってはマイナスに転がることもあると思うんだけど、今日の昼公演に関しては僕は面白く感じました。途中、どこまでがネタでどこからがマジなの?ってハラハラする場面もあったけど、その辺も中学生ならではというか。まぁそういうハラハラ感はSにもときどきあるけどね。

M-10「Innocence」以降は再びKIIの世界に引き込まれて、あっという間に本編ラストの「大好き」に。胸があたたかくなったところに、アンコールの「ロープの友情」「火曜日の夜、水曜日の朝」でまたまたハードに盛り上げる。映像コーナーで内山命さんが体力測定してる間にメンバーの着替えも終わり、最後の最後に「遠くにいても」で約2時間の公演が終了。とても満足度の高い公演でした。

思えばKIIってまだ始まってから1年経ってないし、この「手をつなぎながら」公演自体始まってから1カ月ちょっとなんだよね。もちろん“もっとこうすればいいのに”とか思う部分が無かったとは言わないし、さらに公演を重ねていけばもっとクオリティの高い公演になると思う。でも、この時点で今日みたいなステージが観れたのはとても参考になったし、何よりも感慨深いものがありました。

昨日も書いたけど、自分内でのAKBとSKEの立ち位置逆転、この公演を観たことでさらに強まりました。

ちなみに今日観て一番気になったメンバーは高柳明音さんでした。アイドルオーラがバンバン出てた。他にも向田茉夏さん、古川愛李さん、若林倫香さん、石田安奈さん、井口栞里さん、内山命さんあたりが気になりました。



▼SKE48「TeamKII 1st 「会いたかった」公演」(amazon:日本盤DVD

投稿: 2010 01 31 11:26 午後 [2010年のライブ, SKE48, 芸能・アイドル] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010/01/30

SKE48 チームS 3rd「制服の芽」公演@SUNSHINE SAKAE(2010/01/30)

ちょっと更新、間が空いちゃいましたね。この2週間に観たライブについては、追って更新していくと思いますのでしばしお待ちを。

ひとまず最新のレポートを。

現在、名古屋に来てます。この土日を使って、3カ月ぶりにSKE48を観ようと思って。なんだろう……先週AKB48のSHIBUYA-AX(セットリストベスト100)を観ちゃったから、余計にSKEが観たくなったのかな。はっきりとした理由はわからないんだけど、とにかく観たくなって申し込んで。それで、1日だけ行くのも勿体ないので、泊まりにしてもう1公演……これまで観たことがないチームKIIも観たいな、と。それでこういうスケジューリングになったのです。

今日は17時からの公演だったので、終わったのが19時を少し過ぎた頃。とても健全な時間に終わり、現在夕食に出かける前にホテルでまったりしてるところです。

チームS 3rd公演は初日(10月25日)に仕事で伺ったのですが、その際にはカメラマンも兼務してたのでじっくり公演を観るという感じじゃなくて。しかもステージ間近での取材だったので、引いた目線で公演を観ることができなかった。さらに、メンバーも初日ということでかなり緊張した様子だったし。あのとき「もうちょっと時間が経ったら、また観に来よう」と心に決めていたので、初演から3カ月というのは丁度よいタイミングだったのかもしれません。

この日は松下唯が怪我で休演。アンダーとして研究生から須田亜香里、間野春香が入ってました。ユニット曲では「思い出以上」で桑原みずき、「万華鏡」で大矢真那がアンダーで入ったりと、ちょっと変わった編成で楽しむことができました。

公演はオープニング「恋を語る詩人になれなくて…」から、かなり熱く力の入った印象。けど、初日のときみたいな緊張感は和らいでいて、メンバーそれぞれが非常に活き活きと、かつ楽しそうに歌い踊っているのが手に取るようにわかりました。M-4「制服の芽」でその勢いが一気に爆発する印象。とにかく一切、手を抜かずにひたすら上昇してるイメージがSKE48(ここではチームS)にはあるんだよね。その“曲が進むにつれてピークに達していく”さまが、この3rd公演では特に強くなっている気がします。

頭の4曲はまだまだ序の口で、ユニット曲になるとさらにエンジンがかかる。とにかく粒ぞろいのユニット曲は、初日よりもさらに馴染んだ印象で、自分の中にスーッと入ってきました。やはり最大の見せ場は松井玲奈ちゃんの「枯葉のステーション」。彼女の表現力、前回観たとき以上でした。彼女、AX公演が終わってからずっと公演休んでいて、今日が復帰一発目だったこともあって、感情がいつも以上に入っていたのかな(それは後述するアンコール時に強く感じました)。ゆいみんのいない「万華鏡」も、真那ががんばってたり、他のメンバー(特に出口陽)が以前観たときより頭角を現してきてたり、とにかくどの曲も楽しく観ることができました。

MCもまったりしつつ、笑わせつつ、どこまでが冗談でどこまでが本気?と思っちゃうようなやり取りもあり。でも、それは家族みたいな関係だからこそできる会話だな、なんて思ったり。メンバーの卒業が続いてたチームSだけど、この3rd公演を通じてさらにひと回り大きく成長しそうな予感がしました。

ユニット曲後(M-10「ジェラシーのアリバイ」以降)の勢い、盛り上がりもハンパないもので、思わずため息が出てしまうほどに見事なもの。今日は特にすごかったのか、それともこのレベルはいつものことで、普段はもっとすごいのか。このレベルの公演を常に毎日やっていくのは大変だろうけど、中だるみすることなくがんばってほしいなぁ。

アンコールもその激しさは相変わらず。むしろ、本編の勢いをさらに上回るような高みをみせてくれました。そしてラスト曲前のMC。玲奈ちゃんが「私たちの『制服の芽』はやっと出てきたばかり。皆さんからの水や肥料(声援や応援など)によってどんどん成長していきます。後で『S3rd公演観たことがあるよ』と言ってもらえるようになりたいので〜」というようなことを話しているとき、どんどんとその瞳がウルウルし始めて。3列目という近距離だったので余計に目に入ってきたのですが、その瞳から今にも涙がこぼれ落ちそうで……久しぶりに公演に出れたことに対して気持ちが高ぶったのか、それとも何かあったのか……思わず勘ぐってしまいたくなるのは、アイドルヲタの悪い癖ですね(苦笑)。でもその後、何事もなかったかのように笑顔で最後のナンバー「手紙のこと」を歌っていたので、きっと前者だったんだと信じることにします。曲間では出口さんがニッコリして、玲奈ちゃんの頭をポンと叩いた(軽く手を乗せるようなイメージ)シーンがとても印象的でした。

いやぁ……チームSの公演は2ndが2回、3rdが2回と大した数観てませんが、自分の中ではもうAKBと立ち位置が入れ替わっちゃったかな、って気がします。あくまで自分の感想ですけどね。



▼SKE48「TeamS 2nd 「手をつなぎながら」公演」(amazon:日本盤DVD

投稿: 2010 01 30 10:17 午後 [2010年のライブ, SKE48, 芸能・アイドル] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック