2003/11/02

STATIC-X『WISCONSIN DEATH TRIP』(1999)

アメリカ出身の(多分)ラウドロック(で括られるであろう)バンド、STATIC-X。その彼等が'99年春にリリースしたファーストアルバム「WISCONSIN DEATH TRIP」。日本でのリリースが同年8月末ということから、如何にこのバンドが当時のレコード会社から優遇されていなかったかが伺えるんじゃないかと‥‥実際、俺もこのバンドのことを知ったのは'00年に入ってから。よくCSや地上波のPVを流す番組で、このアルバムに収録されている "Push It" と "I'm With Stupid" のPVを目にするようになったからなんですが。勿論、バンドの存在自体は知ってましたし、このアルバムジャケットも何度か目にしたこともあります。けど音を聴いたのはそのPVを観た時が最初で。またlimpbizkitやKORNの亜流が出てきたよ‥‥と最初は思ったんですが、何度か曲を耳にするうちに、気づくとハマッてる自分がいたんですね。特にこの2曲、妙な常習性を持ってるんですよ。

音だけでなくバンドのビジュアルもまた「おおっ!」と唸らせるものを持ってまして‥‥如何にもデスメタルバンド出身って感じのむさ苦しくて小汚いルックスの奴(実際、STATIC-X加入前はデスメタルやってたらしい‥‥)から、ちょっと日本のビジュアル系を彷彿させる髪型のボーカル(‥‥けど小汚さそう)、日系人ぽいルックスの奴‥‥って思ってたら、このギタリストが本当に純粋な日本人でして。福田耕一という方で、'90年頃にボストンの「バークレー音楽学校」入学の為に渡米、その後現地で音楽活動を続け、最終的にSTATIC-Xに加入、それが'96年のことだそうです。

もうね、そういうの知っちゃうと俄然応援したくなっちゃうのが日本人気質っていうか‥‥実際このアルバム、アメリカでも100万枚に届きそうな程売れたし、かの「OZZ-fest」にも2年連続で出演してるんですね(しかも2年目はメインステージ!)。そして'00年9月には福田氏にとって初の凱旋となる来日公演をPOWERMAN 5000と行ったりして。確実にバンドとしての成功を手にしたと思ったのも束の間、帰国後すぐにその福田氏が脱退。現在もアメリカで音楽活動を続けているそうです。

まぁそういった話はここまでにしといて、ここからは音楽の話を。上のサブタイトルにも書いたように、彼等のサウンドを判りやすく表現するとああいう公式になるんですが‥‥聴く人によってラウドロックにしか聞こえなかったり、またある人が聴けば「テクノっぽい反復が多い、PRODIGYとかMINISTRY辺りの流れを組むデジロック」とカテゴライズするだろうし、またある人には「‥‥ゴスじゃん、ゴス!」ってことになったり。勿論そういった要素そのものっていうわけではないんですが、それぞれの面を十分に持ちつつも、何か新しいことにチャレンジしようとしてる。所謂ラウドロックが皆ヒップホップからの流れを重視してるのに対し、STATIC-Xはデジタル面(打ち込みと同期させたバンドサウンド)を強調し、尚かつゴシック調要素もメロディに取り入れ、しかしギターはラウドという。確かにそれまでのラウドロックと比べれば違った匂い・色合いを感じさせる存在だったわけですよ。勿論、彼等の前にはNINE INCH NAILSという先駆者がいたわけで(まぁNINをラウドロックの括りに入れるつもりはないですが、あくまでルーツのひとつってことで)、まだまだそういった「オリジネーター」の足下にも及ばないとは思うんですが、それでも十分に魅力的なサウンドと楽曲を持った個性的なバンドだと思いますよ。

そういえばメンバーは昔、デビュー前のSMASHING PUMPKINSとも親しかったという話もあるので、最終的に進んだ道は全くの別物になってしまったものの、そのルーツはスマパンもこのSTATIC-Xも一緒なのかな‥‥って気もしたりして。共にゴシックの要素が強いバンドですしね。

このアルバムのクレジットの中に「Bands we play with and love」という項目があって(一緒にライヴをやったりしたバンド、そして愛してやまないバンド、という意味でしょう)、そこには同業者と呼べるであろうPANTERAやSYSTEM OF A DOWNの名と共に先のPRODIGYやMINISTRY、CHEMICAL BROTHERSといった同時代のテクノ系アーティストの他にJOY DIVISION、SISTERS OF MERCY、そしてBLACK FLAG、JANE'S ADDICTION、PRONGといったアーティストの名前も挙がってるんですね。ほら、何となく見えてきません、STATIC-Xのアルバムを聴いてるとこういった先陣達との繋がりが‥‥



▼STATIC-X『WISCONSIN DEATH TRIP』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 11 02 04:42 午後 [1999年の作品, Static-X] | 固定リンク