2004/11/25

とみぃ洋楽100番勝負(99)

●第99回:「Search And Destroy」 IGGY & THE STOOGES ('73)

 

遅咲きです。後追いです。この人に関しては、知れば知る程惹かれてしまうという‥‥

 中学の時かな、「BLAH BLAH BLAH」ってアルバムで復活して。その時は「単発でガラガラ声のオッサン」くらいにしか思わなくて。ところがその2年後に出た「INSTINCT」ってアルバムでいきなりやさぐれて。髪は伸びるし、音も荒っぽいし。しかもその時のツアーギタリストが大好きなHANOI ROCKSのアンディ・マッコイだったという‥‥来日したのに行けなかったんだよね。ま、その時はまだイギーの本質がイマイチよく判ってなくてね。

 結局その次に来日した時かな。チッタかどこかで観て‥‥そこで一目惚れしたんだわ。なんだこのオッチャン、俺の親くらいの世代なのにチンコ出すか出さないかギリギリのラインまで革パン下げて、マイクスタンド投げ倒すわ、持ってるマイクでゴンゴン頭叩いたり‥‥ホント、ただのアホじゃんか!って。笑うのを通り越して感動すらしたもの。

 そしてSTOOGESの1st〜2ndアルバムが再発されて。2枚の落差(方やドゥーミーでダウナー、方やパンクでサイケ)に驚きつつも、俺がライヴで最も感動したパンクナンバーが入っていないことに気づくわけですが‥‥それが "Raw Power" や "Search & Destory" といった一連のナンバー。

 イギーはソロで2度、そのチッタ公演と去年のフジロックでのステージを観てて。けど個人的にはやはり間近で観ることができた今年3月のSTOOGESとしての来日公演@MAGIC ROCK OUTが忘れられなくて。あれはいろんな意味で、今年の俺を象徴するライヴだったな、と。改めて自分がどこから来て、今どこにいて、そしてこれからどこへ向かっていくのか。それを気づかせてくれた一夜だったな、と。

 自分はメタル出身だとかパンクの出ですとか、そんな括りだけはしたくない。ただひとつ言えるのは、常に「怒り」を忘れちゃ駄目だってこと。疑問を持つこと、他人と考え方が違うってことを恐れちゃ駄目だってこと。そして‥‥どこまでも「ロック」して「ロール」し続けるんだってこと。あの身体中傷だらけの死に損ないパンク親父は、無言のうちにそんな大事なことを「FUCK」一言の中に詰め込んでいるのです‥‥んなわきゃないか。

 今日も愛してますぜ、親父。(愛を込めて)早くくたばれっ!



▼IGGY & THE STOOGES「RAW POWER」(amazon

投稿: 2004 11 25 12:05 午前 [1973年の作品, Iggy Pop, Stooges, The, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック