2003/12/26

THE STROKES『ROOM ON FIRE』(2003)

前作「IS THIS IT」から約2年。若いロックファン待望のTHE STROKESセカンドアルバム、「ROOM ON FIRE」。ファーストを気に入ったであろう人なら間違いなく気に入るであろう、まんま前作の延長線上にある作風。悪くない。けど最高でもない。多分このバンドはライヴをやるために曲を作って、そしてアルバムは単なる通過点であり、最終的にライヴでそれらの曲を完成型に持っていくバンドなのかな‥‥という気が、今回のアルバムを聴いてまず感じたこと。やっぱり‥‥自分にとってこのバンドは、そんなに重要な存在ではないな、と。それは多分未だにライヴを一度も観たことがないという事実が影響してるんだと思うけど‥‥いや、少なくとも映像で観る限りでは‥‥う~ん。

いろんなバンドと比較してみてもいいんだけど、何かそれも違う。最近主流の「リバイバル・ロック」だったり「リフ・ロック」だったり、そういった枠の中にはめようとしてみる。けどそれも違うと感じる。アティチュードや佇まい、面構えは完全にそれらの枠の中にいるバンド達に引けを取らないものなのに、発するサウンドは完全に別物‥‥いや、別物ってのは言い過ぎかな。でも決定的に違う「何か」がSTROKESには備わっている。きっとそれが彼ら最大の魅力なんだろうけど‥‥それが何だか判らない。そして‥‥多分それは、今の自分には必要のないものなのかもな、とも思うわけで。

例えばね、このアルバムを通して聴いてみると‥‥アルバムとして完成されていないんですよね。何て言うか‥‥作った(レコーディングした)楽曲をそのまま詰め込んでいったかのような、構成を無視した曲順‥‥いや、これ自体が彼らの計算なのかもしれないけど、少なくとも俺にはそうは感じられない。このぶっきらぼうさが魅力という声も判らないではないけど、やっぱりずっと残るものだしなぁ。曲単体では非常に魅力的なものばかりなのに、いざアルバムとしてまとめて聴いてみると伝わらないものがある。これはファーストの時にも感じたことなんだけどね(実際それが原因で、彼らの良さに気づくまで相当の年月を費やしたし)。

そしてね‥‥ただパワーコード一発鳴らせば世界を変えることができる‥‥そんなバンド達との決定的な違い。それはやっぱり「音の鳴らし方」なんだと思う。言い方が悪いんだけど‥‥インテリ過ぎるのね。サウンドのひとつひとつから知的さを感じるのよ。演奏自体はとても熱いものなんだけど、伝わってくるサウンドは何故かヒンヤリとしていて、どこか冷静さを感じる。それが彼らのインテリジェンスからくるものなのかどうかは判らないけど、とにかくそこは他の「リバイバル・ロック」と呼ばれるようなバンドと大きく異なるよね。基本的にロックンロールって頭悪い音楽じゃない?(凄い偏見だ)バカがお山の大将になりたくて、なりふり構わず暴れまくる‥‥凄く偏ったイメージだとは思うけど、そういうバカが好きで俺はロックが大好きになったわけで、未だにそういったものをロックに求めちゃうのね。でも、残念ながら「CDの中のSTROKES」からはその要素が感じられないのよ‥‥ライヴが凄い!っていう声は散々耳にしてるし、実際に観たらそういった「バカ要素」をステージで補完してるのかもしれない。上に書いたように、このバンドってライヴで楽曲を最高のものに持っていくタイプなのかもしれないし‥‥まぁそこら辺は俺なんかよりも、実際にライヴを観てるあなた達の方がよくお判りでしょうから、俺の考えはここら辺で‥‥

あとさぁ‥‥いろんな所で言われてると思うけど、ニューヨーク・パンク的なものよりも、もっとニューウェーブ的な‥‥例えばTHE CARSとかBLONDIEとか、そういったバンドとの共通点が多いような気がするのね。ま、サウンド的にですけど。そこら辺もROLLING STONESやガレージバンド~グランジからの影響が強い他のバンドとの大きな違いかな。STROKES自体もそういったバンド達から影響を受けてスタートしたバンドらしいけど、最終的には「らしさ」を手に入れたんだから‥‥勝ち組? まぁそうでしょうね。そういった要素が更に強まってるのがこのセカンドなんだ、と。そういう意味では非常に好感が持てますよね、俺的には。

まぁいろいろといい事も悪い事も書き連ねてきましたが‥‥要するにね、曲は好きなんだけど、アルバムとしてはイマイチ好きになれない。そんな微妙な関係なわけよ、俺とSTROKESってのは。多分この先もずっとこの関係を保ったまま、つき合い続けていくのかもしれないね‥‥ライヴ観たら変わったりして。いや判らないけどさ。

何かさ、「恋仲にはならないんだけど、気づいたらずっと側にいてくれる腐れ縁の女友達」って感じだな、STROKESって‥‥



▼THE STROKES『ROOM ON FIRE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 12 26 04:49 午後 [2003年の作品, Strokes, The] | 固定リンク

2003/10/19

THE STROKES『IS THIS IT』(2001)

既に覚えてる人も少ないと思うけど、俺はこのTHE STROKESってバンドがデビュー当時とても苦手だったのね。今から2年前に彼等がアルバムデビューして、雑誌メディアがこぞって大絶賛して。そんなこと、当時その手の音楽雑誌を全く目にしていなかった俺は全然知らなくて。逆にうちを訪れるビジターさんから「最近のオススメはSTROKESです」と教えてもらったりして。しかも複数人から。「絶対にとみぃさんなら気に入りますよ!」という太鼓判付きで。

でね、実際買って聴いてみたんですよ。CDショップでもイチオシされる程だし、本当にいいんだろうと思って。ルックス的にも、あの微妙な小汚さがツボだったし。試聴もせずにレジまでCD片手に走って。CD屋からの帰り道、我慢しきれずにカーステのCDプレイヤーにディスクを挿入して‥‥

たった3曲でディスクを排出して、他のCDを聴き始めたんだよね。何故か気に入らなかった。期待が大きすぎたのか、それとも想像してた音と違ったのか、今となっては思い出せないんだけど、とにかく周りが大絶賛する程、そんなにいいとは思えなかったのね。その後、何度か聴き返してはみるものの、やっぱり大好きとまではいかず、まぁ悪くはないけど‥‥止まり。勿論その旨をサイトの方にも当時書きましたよ。ボロクソに貶す程ではないものの、大騒ぎする程のバンドじゃねぇだろ!?とも。

多分今の10代の子達にとってSTROKESっていうバンドは「僕等世代のSTONE ROSES」であり「僕等世代のNIRVANA」であり「僕等世代の、デビュー当時のOASIS」なのかもな‥‥と考えたんですよ。そう思えるようになったら、意外と許せたんですよね、このバンドの存在を。けど、それでも雑誌の騒ぎ方は異常だと思ってたし、まぁ俺が改めて大騒ぎして取り上げるようなバンドじゃねぇだろ、とも思ってて。だからその後はあんまり進んで聴いてこなかったのね。時々、自分でDJやるときに流れで「あぁ、STROKESのあの曲を使ってみようかな?」ってことで久し振りに聴き返したりとか、その程度。多分この2年間で10数回程度しか通して聴いてないはず。その程度の存在だったわけですよ。

ところがここ数ヶ月の間に、俺はその10数回を上回る回数、この「IS THIS IT」というアルバムを聴き返すことになるんです。何故か。いや、そこにも明確な理由はないんですよ。もうホント気まぐれで。今回改めて取り上げてみようって思ったのもセカンドアルバムリリース直前ということもあったし、まぁそれ以前に「最近のお気に入り」ってことで、好きなアルバムとして取り上げてるわけですが。

人間の感情とか感覚ってね、とっても曖昧なもんですよ。数年前まではあんなに毛嫌いしてたバンド/アーティストが、時間が経つと共に気になり出したり、あるいは熱狂的なファンになってたり。みんなにもそういうことってないですか? 俺はね、沢山あるよ。勿論、その逆も沢山あるけどね(ここで書く必然・必要性が感じられないので書きませんが)。

このアルバムを俺が何故あんなに毛嫌いしたか、あるいは気に入れなかったか‥‥それはもうね、1曲目にあるんですよ。あのユルユルな "Is This It" に。オマエラ何様だ、ロックンロールバンドだろ!? 何でガツーンと行かないんだよ! 新人だろ!? ファーストアルバムだろ!? 何気取って1球目から変化球なんだよ!!、と。どこぞのサイトで「ロック界の癒し系」とか書いてたアホがいたけど、バカかと。ロックンロールバンドが聴き手を癒してどうすんだよ! 熱くさせろよ、この俺を!!‥‥とか思っちゃうわけですよ。そういった類のものをこの手のロックバンドに求めてしまうわけですよ、20年以上もロックンロールに振り回されてきたこのオッサンは。

勿論、そういう感情を持ってしまったわけで、ある意味彼等の術中にハマッてしまってるともいえるわけですが、とにかく一度悪い印象を持ってしまうと、何聴いても全部良く聞こえなくなるのね。アルバムの構成としては2曲目 "The Modern Age" から徐々に、徐々にとエンジンがかかっていく、盛り上がっていく流れを作っていて、中盤以降‥‥名曲 "Last Nite" や "Hard To Explain"、丁度リリース時期が「9・11」(ニューヨークの同時多発テロ)と重なってしまった為にアメリカ盤では急遽収録取り止めになってしまった "New York City Cops" (日本盤とEU/UK盤には問題なく入ってます)‥‥こっちから聴いてたら、問題なく気に入ってたよな、とかさ。いろいろ思うわけよ。

あとね、もうひとつ。これはもう完全に個人的な趣味の問題なんだけど、ギターの歪み方が弱いよな、と。俺が好きなタイプって結局はハードなギターなわけね。THE HIVESがアルバム気に入ってもライヴがショボいなと感じるのは、やはりそのサウンドが原因だったりするんですよ(たまたま自分が聴いた音源がそうだっただけかもしれないけど)。それと一緒で、STROKESの歪みも俺的には全然弱い。元々パンク~HM/HRの人なんで、俺。ま、今聴いてるとその辺は特に気にならないですけどね。これはこれでアリだなと思えるようになったんで。

そんなわけでいろいろ不満に感じてた部分を書いてきましたが、多分多くのSTROKESファンって、俺が疑問に、不満に感じてる部分を好きなポイントとして挙げて、気に入ってるのかなぁ‥‥って今になって思ったりして。ま、そういう風に感覚がズレてる俺ですが、セカンドアルバムは真っ先に買って聴いてみようかと思ってます。けど、また好意的に受け入れられるようになるまでに2年近くかかったりしてね‥‥



▼THE STROKES『IS THIS IT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 10 19 04:45 午後 [2001年の作品, Strokes, The] | 固定リンク