2017/01/09

祝ご成人(1996年4月〜1997年3月発売の洋楽アルバム20枚)

新成人の皆さん、おめでとうございます。2014年度に初めて実施したこの企画、今回で3回目を迎えます。今年も新成人の皆さんが生まれた年(学年的に1996年4月〜1997年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品を20枚ピックアップしました。どれも名盤ばかりなので、もし聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にお手にしてみてはいかがでしょうか。とは言いながらも大半が名盤中の名盤なので、聴いたことがあるものばかりかもしれませんが。

作品の並びはすべてアルファベット順です。(2014年度の新成人編はこちら、2015年度の新成人編はこちらです)


ATARI TEENAGE RIOT『THE FUTURE OF WAR』(Amazon

BECK『ODELAY』(Amazon

BLUR『BLUR』(Amazon

DEF LEPPARD『SLANG』(Amazon

THE HELLACOPTERS『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(Amazon)(レビュー

HONEYCRACK『PROZAIC』(Amazon)(レビュー

KORN『LIFE IS PEACHY』(Amazon)(レビュー

KULA SHAKER『K』(Amazon

MANIC STREET PREACHERS『EVERYTHING MUST GO』(Amazon)(レビュー

MANSUN『ATTACK OF THE GREY LANTERN』(Amazon)(レビュー

MARILYN MANSON『ANTICHRIST SUPERSTAR』(Amazon)(レビュー

METALLICA『LOAD』(Amazon)(レビュー

OCEAN COLOUR SCENE『MOSELEY SHOALS』(Amazon

PANTERA『THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL』(Amazon)(レビュー

RAGE AGAINST THE MACHINE『EVIL EMPIRE』(Amazon

REEF『GLOW』(Amazon

SUEDE『COMING UP』(Amazon

TOOL『AENIMA』(Amazon)(レビュー

U2『POP』(Amazon)(レビュー

WEEZER『PINKERTON』(Amazon)(レビュー


残念ながらセレクトから漏れた作品も多いです。以下、主だった作品をざっと羅列します。

AEROSMITH『NINE LIVES』
ALICE IN CHAINS『UNPLUGGED』
ARCH ENEMY『BLACK EARTH』
ASH『1977』
BEN FOLDS FIVE『WHATEVER AND EVER AMEN』
THE BLACK CROWES『THREE SNAKES AND ONE CHARM』
THE BOO RADLEYS『C'MON KIDS』
BJORK『TELEGRAM』
BRYAN ADAMS『18 TIL I DIE』
BUSH『RAZORBLADE SUITCASE』
CARCASS『SWANSONG』
THE CARDIGANS『FIRST BAND ON THE MOON』
THE CURE『WILD MOOD SWINGS』
DAFT PUNK『HOMEWORK』
DAVID BOWIE『EARTHLING』
DINOSAUR JR.『HAND IT OVER』
ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS『ALL THIS USELESS BEAUTY』
FIONA APPLE『TIDAL』
FOUNTAINS OF WAYNE『FOUNTAINS OF WAYNE』
GEORGE MICHAEL『OLDER』
HELMET『AFTERTASTE』
IMPERIAL DRAG『IMPERIAL DRAG』
JAMIROQUAI『TRAVELLING WITHOUT MOVING』
JOURNEY『TRIAL BY FIRE』
LUSCIOUS JACKSON『FEVER IN FEVER OUT』
MACHINE HEAD『THE MORE THINGS CHANGE…』
MANOWAR『LOUDER THAN HELL』
MATTHEW SWEET『BLUE SKY ON MARS』
MICHAEL SCHENKER GROUP『WRITTEN IN THE SAND』
NIRVANA『FROM THE MUDDY BANKS OF THE WISHKAH』
PATTI SMITH『GONE AGAIN』
PEARL JAM『NO CODE』
PET SHOP BOYS『BILINGUAL』
PRINCE『EMANCIPATION』
R.E.M.『NEW ADVENTURES IN HI-FI』
ROLLINS BAND『COME IN AND BURN』
RUSH『TEST FOR ECHO』
SCORPIONS『PURE INSTINCT』
SLAYER『UNDISPUTED ATTITUDE』
SLOAN『ONE CHORD TO ANOTHER』
SOUNDGARDEN『DOWN ON THE UPSIDE』
STEVE VAI『FIRE GARDEN』
STRAPPING YOUNG LAD『CITY』
SUPER FURRY ANIMALS『FUZZY LOGIC』
VERUCA SALT『EIGHT ARMS TO HOLD YOU』
ZAKK WYLDE『BOOK OF SHADOWS』
THE WiLDHEARTS『FISHING FOR LUCKIES (East West Version)』
ZZ TOP『RHYTHMEEN』


1995年から1996年初頭がブリットプップの最盛期と昨年のブログに書きましたが、続く1996年から1997年にかけてはその最盛期から末期に向かっていく過程。BLURが1997年初頭に発表したセルフタイトルアルバムが「ブリットポップの終焉」を決定づけたのは間違いないでしょう。KULA SHAKERやMANSUNのデビュー作、MANICS、OCS、REEFの諸作、そして選外でしたがASHのデビュー作などはその末期に輝いた傑作だと思っております。

そして、アメリカではRATM、KORN、TOOL、MARILYN MANSONのブレイクにより新たなヘヴィロックシーンが確立されるタイミング。と同時に、ベックやWEEZERといったアーティストたちも新たなオルタナシーンを築き上げておりました。その一方で、METALLICAやDEF LEPPARDといった大御所たちが迷走していたのも、このタイミングの面白いところ。それぞれピックアップした作品は、各バンドのキャリアの中でも迷作扱いされることの多いものですが、今聴くと意外と悪くないから不思議。今回選出した動画20曲の中に混じっても、実はあまり違和感がない音楽性だったりします。面白いもんですね。

あ、1997年に入ると同時にU2が『POP』を出したり、ATRの2ndアルバムが話題になったりと、新たな可能性が見え始めたのも興味深いですね。

ちなみに日本での1996年4月〜1997年3月といいますと、TK作品のチャート独占やプリンセス・プリンセスの解散、米米CLUBの解散発表(ラストライブは翌年)、TMRやPUFFY、ELT、SPEEDのデビューなど、音楽産業的にもピークを迎えつつあった時期でした。

最後に。ここではピックアップしませんでしたが、1996年で特に印象に残っているのは「恋のマカレナ」と「Wannabe」です。



▼SPICE GIRLS『SPICE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 09 12:00 午前 [1996年の作品, 1997年の作品, Atari Teenage Riot, Beck, Blur, Def Leppard, Hellacopters, The, Honeycrack, Korn, Kula Shaker, Manic Street Preachers, Mansun, Marilyn Manson, Metallica, Ocean Colour Scene, Pantera, Rage Against The Machine, Reef, Suede, Tool, U2, Weezer] | 固定リンク

2004/11/09

とみぃ洋楽100番勝負(83)

●第83回:「So Young」 SUEDE ('93)

 SUEDEの登場は衝撃だった、とか当時からメディアは騒ぐけど、それって結局「その頃はそういうバンドがいなかった/時代遅れだった」から、物珍しくて騒いでただけじゃん。勿論、そういうスキャンダラスな側面だけでなく、しっかりした曲が書けたからこそ、彼等は名実共にトップに躍り出たわけだけど。

 元々グラマラスなロックが好きだった俺からすれば、最初の数枚のシングル‥‥ "Drowners" とか "Metal Mickey" は正直物足りなかったのね。ルックス的には別にケバいってわけでもないし(あれだったら初期JAPANなんてどうなるんだよ!?とか当時はよく思ったもの)、曲はまぁ所謂UKロックのレールの上にあるフォーマットから外れてないよな、とかいろいろ不満もあったし。

 けどさ。3枚目のシングル "Animal Nitlate" で俺的にドカンときてね。やっぱりバーナード・バトラーの粘っこいギターだよね。あれが完全開花したのがこの曲辺りからかな、と。勿論その片鱗は前2曲にも十分あったけど、やはり物足りなかったし。

 そしてアルバムがリリースされて、買ってみて。1曲目の "So Young" でトドメを刺されて。ブレット・アンダーソンのボーカルも思ってた以上に「色っぽい」し、相変わらずバーニーのギターは凄いエロいし。まぁサウンドプロダクションがイモっぽいとこは差し引いても、こりゃ面白い新人がイギリスから出て来たなぁ‥‥ってドキドキしたもんですよ。

 ただひとつ。非常に残念なのが、バーニー在籍時のライヴを一度も観ることができなかったこと。1stの時はチケット取れなかったんだよな。んで、「来年には2ndアルバムが早くも出るみたいだし、その時は必ず行こう」って思ってたのに‥‥結果はご存知の通り。だから俺、2ndの単独来日の時は行かなかった。初めて観たSUEDEのライヴは3rdリリース直前にお台場のイベントで来日した時だもん。アチャー。

 今となってはどの曲も忘れ難い思い出いっぱいで、どの時代のアルバムもお気に入りなんだけど、デビュー当時にはそういう風に感じていたんですよ、俺。今つるんでるような友人達は知らないだろうけどさ(いや、今まで誰にも言ったこともなかったけどさ)。

 そんなブレットとバーニーが再び、THE TEARSというバンドで活動を共にするというじゃないですか。頭では「SUEDEとは別物」と理解してるものの、やはり期待しちゃうわけですよ‥‥だってそりゃそうでしょ? 意地悪な意味ではなく、純粋に「この21世紀に、このふたりが揃う意味」を知りたいですからね。すっげー楽しみだよね。



▼SUEDE「SUEDE」(amazon

投稿: 2004 11 09 12:00 午前 [1993年の作品, Suede, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2002/10/14

SUEDE『A NEW MORNING』(2002)

suedeの不在が3年半も続くとは正直思ってもみなかった。前作「HEAD MUSIC」が'99年春、アルバムに伴う来日公演が同年9月だったから、日本のファンが最後に彼らと触れ合ったのはまる3年振りということになる。第2期とも呼べるサード「COMING UP」('96年)から「HEAD MUSIC」までの間が2年半だったが、それでもその間には2枚組のBサイド集「SCI-FI LULLABIES」のリリースがあったので、そこまでは長く感じなかった。が、今回の場合は特に長く感じた。その理由は、我々を凹ませる情報の方が多かったからだろう。まずサードアルバムから加わったキーボード/ギターのニール・コドリングの脱退。これは健康上の理由だから仕方ないとしても、ソングライターとしての活躍振り、そしてステージ上での佇まいを思い出してもらえば彼の損失が如何に大きなことか理解してもらえるだろう。そしてもうひとつは所属する「nude」レーベルの閉鎖。多額の負債が原因といわれているが、これがsuedeのアルバム制作費用が嵩んだことが原因では!?との噂もあった程だ。

このアルバムを作る上で、彼らは一度完成したものを廃棄している。トニー・ホッファーというBECK等を手掛けてきたプロデューサーとの共同作業で一度は完成したアルバムを、「今の自分達が作るべき音ではない」との理由でお蔵入りにし、結局スティーヴン・ストリートというブリット・ポップ・シーンに名を轟かせた名プロデューサー(古くはTHE SMITHS、BLUR等で有名)を起用、完成に至るのだった。

トニーを起用したという時点で、新作は「HEAD MUSIC」を更に押し進めたダンスミュージック寄りの内容になることは、何となく予想できた。が、今の彼らは完成したそれを聴いてそれを世に出すことを拒んだ(少なくともその時点では)。何故彼らは「今やるべき音ではない」と判断したのだろうか? 楽曲自体はスティーヴンがプロデュースしたものと同じ曲だったはずなのに、このアルバムは何故にこうも穏やかで深いサウンドを持った異色作になったのだろうか?

理由のひとつと考えられるのは、ブレット・アンダーソンのドラッグとの決別だろう。彼は過去(「DOGMAN STAR」時期)にも同じ問題を抱え、それを克服した後に心機一転、「COMING UP」という傑作を生み出した。しかし、上に挙げたような問題を幾つも抱え、彼は再びドラッグに走った。そしてバンドを立て直す課程で、再びドラッグを絶った。憶測でしかないが、彼がもし再びドラッグを克服していなかった、こういう作風にはならなかったのではないだろうか? 逆に、もし今でもドラッグを常用していたなら、このアルバムはトニーとコラボレートしたままリリースされたか、あるいはそれ以上にエキセントリックな内容になっていたかも‥‥今となっては何とでも言えるが、そういう幾つもの事柄を乗り越えたからこその産物だったのかもしれない。

このアルバムの面白みはそういった裏事情から見え隠れする音楽性の変化だけではない。純粋に楽曲が優れているのだ。装飾を出来るだけ排除し、よりコンパクトに、そしてメロディーが際立つようなアレンジや音使い。これらはプロデューサー云々というよりも、メンバーが望んだものなのだろう(プロデューサー選択は後付だった、と個人的には思っている)。そしてそれは上手く機能している。これは新たに加入したアレックス・リーの貢献度も大きいだろう。既にサマーソニックで彼らの最新ステージを目撃しているが、キーボードを弾くよりもギター(主にアコースティックギター)を持つ頻度の方が高い新曲群(とはいってもここから3曲しか披露されなかったが)は、どれもが「歌」「メロディー」をいう根本にあるものを大切に扱われたものばかり。勿論それまでの楽曲がそうではなかったという意味ではない。初期の3枚も勿論美しいメロディーの宝庫だったが、やはりそれ以上にビジュアルや歌詞の面の方が印象的だったし、前作はリズムがより強調された、suede流「時代との対等」を表現した作風だった。そういう意味で、今度のアルバムはそういった外的要素を取っ払ったことにより、これまで以上に根本にあるものが表出したのだ。そしてそれは過去のものよりもより洗練され、味わい深いものになっている。これは成長以外の何ものでもないだろう。

これまでの作品がライヴで演奏することやクラブで流れることを想定して作られた作品‥‥つまり「夜」や「閉鎖感」を彷彿させるものだとしたら、この「A NEW MORNING」は間違いなくお日様の光りを沢山浴びた、優しさや温もりを感じさせるアルバムだ。人の生活、あるいは人生においてネガティヴな時期というのは必ず何度も訪れる。がしかし、それらは決して終わらないものではない。「夜は必ず終わるもの」なのだ。suedeというバンドにとって「夜」は特別な要素、あるいはごく自然なものだったのかもしれない。けれど、彼らは朝が来ることを望み、そしてそれを喜んで受け入れた。「前とは違う」「自分の好きだったsuedeは終わった」といって切り捨てるのは簡単なことだろう。しかし本当にそうだろうか? もしかしたらこれこそがsuedeというバンドの、そしてブレッド・アンダーソンの本質なのかもしれない。

ロック特有の派手さ、そしてそれまであったようなグラマラスさはここには殆ど見当たらない。けど、俺はこのアルバムを今後愛聴していくだろう。ファーストアルバムや「COMING UP」と同じように、いや、あるいはそれ以上に。グルーヴィーなロックとはある種対極にある内容だが、それでも俺はこれを愛す。多分、この先何年も‥‥



▼SUEDE『A NEW MORNING』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2002 10 14 04:52 午後 [2002年の作品, Suede] | 固定リンク