2002年12月31日 (火)

MY BEST OF 2002

今年もとうとうこの時期が来たわけですね‥‥早いもんだなぁ、1年が経つの。て優香、このサイト始めてこの年末企画も早5回目ですよ‥‥誰がこんなに長くこのサイトが続くと思ってた!? いや、俺だってこんなに長く続けるつもりはなかったよ!?(と愚痴ってみても始まらないっしょ)‥‥まぁ愚痴はこの辺にして、大晦日恒例の「とみぃが選ぶ『BEST OF 2002』」を紹介しようと思います。アンケートの方にも既に何名かの方が参加してくださってますが、それの参考にでもしてもらえればってことで、毎年大晦日の慌ただしい時にこれをアップしてるわけですね‥‥ええ、暇人なわけですよ(笑)。つうわけで、2002年分から例年と違って「SONG OF 2002」が5曲から10曲に増えた以外、特に変わり映えのない企画なんですけどね。何で10曲に増やしたかというと‥‥大体想像つくと思いますが、ハロプロ枠です(爆)。けど、実際冷静に2002年の10曲を選ぶとなると、意外と5曲も選べないもんですね。結果は後でご覧になってもらえば分かると思いますが‥‥

とりあえず、アルバムの10枚の方から見てもらいましょう‥‥(全てにおいて特に順位は付けてません。順番はアルファベット順ですので他意はありません。その辺はご理解ください)


DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN『DCPRG3/GRPCD2』

いろんな意味で、今年は菊地成孔との出会いが大きかった気がします。これはリミックスとライヴという両極端なディスク2枚からなる編集盤ですが、共にその魅力を最大限に発揮した素晴らしい内容になってます。

Mr.Children『IT'S A WONDERFUL WORLD』

桜井の小脳梗塞というあの出来事さえなくても、間違いなく今年の日本を代表する1枚。いや、あの出来事を通過した結果、余計に力強く心に響く楽曲が増えたかも。早くも次のアルバムが楽しみで仕方ないですよ。

the pillows『Thank you, my twilight』

今年このバンドとちゃんと向き合えたことが最大の収穫かもしれません。自分より年上の人がこういったアルバムを作ってくれることが何よりも心強いです。

PRIMAL SCREAM『EVIL HEAT』

前作の延長線上にありながら、あれをいとも簡単に越えてるって時点で驚愕。更に内容聴いて座り小便モノ。40越えてもここまでアグレッシヴってのはホント尊敬に値します。

SKETCH SHOW『AUDIO SPONGE』

自分のルーツとなる人達が三度集結して、50越えてもこういったアルバムを作ってくれるってことが、もう俺的には涙モノなわけですよ。ライヴ観れなかった事が2002年最大の心残り!

SUPER BUTTER DOG『ラ』

ライヴでベスト盤という反則合わせ技だけど、それを差し引いても「サヨナラCOLOR」は2001年に聴いておくべきだった1曲なわけで。これで踊れない奴は死んだ方がいいですマジで。

中村一義『100s』

トータルでは前作「ERA」より劣るかもしれないけど、それでも今年を代表する10枚に選ぶ程のクオリティーはさすが。ライヴを観たことで更に評価が高まりました。

ナンバーガール『NUM-HEAVYMETALLIC』

結果としてこのアルバムを越えるような作品を作るまでいかずに解散してしまったってことは、やはりこれがバンドとしての臨界点だったのか‥‥ブッチギリの大傑作。

松浦亜弥『ファーストKISS』

ハロプロだから選んだのではなくて、文句なしで今年を代表する日本のポップアルバムの1枚だと言い切れる作品。つんく♂だから凄いのではなくて、あややだから凄かったんですよ、このアルバムは。

モーニング娘。『4th「いきまっしょい!」』

多分今年一番聴いたアルバムかも。あややのアルバムよりクオリティは劣りますが、それでもここまで力強く「肯定」を叫ぶアーティストは過去10年いなかったんじゃないでしょうか? 子供向けだからこそ判りやすく響くというのも頷ける作品。


勿論、ここに挙げた10枚が全てではないですよ。現時点、12/31の時点ではこの10枚だということです。個人的によく聴いたアルバムをただ10枚挙げただけで、選外だったものの、やはりうちのレビューで取り上げたアルバムというのはどれも「2002年の10枚」に入ってもおかしくない存在でしたし。

未だにレビューでも取り上げていないアルバムで惜しかったなぁ‥‥というのは、BON JOVI「BOUNCE」とかNINE INCH NAILS「LIVE : AND ALL THAT COULD HABE BEEN」、THE HELLACOPTERS「BY THE GRACE OF GOD」、FLASHCUBES「LIVE IN JAPAN -RAW POWER POP-」、RHYMESTER「ウワサの伴奏」、54-71「enClorox」、cymbals「sine」、BUGY CRAXONE「NORTHERN HYMNS」とかかなぁ‥‥他にもいろいろあると思うんですが。あ、くるりとスーパーカーは周りが騒ぐ程のアルバムだと思いませんでした。勿論、悪くはなかったですけどね。ただ、プレイヤーに載せる回数は前のアルバム程じゃなかったというのが俺的に全てを物語ってるかなぁ、と。


続いて「SONG OF 2002」の10曲を紹介。これもアルファベット順に並べただけで、順位は特になしです。


・BUMP OF CHICKEN「Jaded」
何だかんだで、やっぱりバンプの曲は心に響くものが多いです。厨房呼ばわりされようが、やっぱりいいものはいいということで、これを選びました。シングル「スノースマイル」も名曲だけど、今はこっちを。

・GRAPEVINE「ナツノヒカリ」

昨年同様、俺の夏のテーマソングとなったのがバインでした。アルバムは惜しくも選外だったけど、楽曲としてはこれだけは外せません。

・Mr.Children「LOVE はじめました」

「蘇生」「HERO」と最後まで競ったんだけど、先日の12/21ライヴで観たこの曲のインパクトにやられました。ミスチルのダークサイド/ヘヴィサイドを更に追求したひとつの完成型。

・POLARIS「季節」

「フィッシュマンズ後」をちゃんと形にしたのが、結局元メンバーの手によってだったという、しかもただの継続ではなくて新たな地平を突き進んでいる点が評価に値すると思います。これも夏よく聴きました。

・グループ魂「竹内力」

インパクト大賞ってのがあるとしたら、間違いなくこれ。ロックやパンクとして十分成り立つ上にあの歌詞。正月「ミナミの帝王」観たくなったもん(笑)

・後藤真希「手を握って歩きたい」

2002年を振り返ると、最も泣かされた曲ってことでやはりこれを外すことは出来ないな‥‥と。「ハロプロ楽曲大賞」ではハロプロ限定ってことで判りやすいものを選んだけど、普遍性って観点で選ぶとこれは外せません。

・中村一義「キャノンボール」

「僕は死ぬように生きていたくはない」、これが全てです。

・ハナレグミ「家族の風景」

どれに1位をつけるってことは敢えてしないんだけど‥‥それでもこれが個人的には1位かも。いや、スタジオ音源よりライヴでの弾き語りだね。是非ライヴ観たいです。

・メロン記念日「香水」

2002年後半は、娘。よりもメロンの方に重点を置くようになった俺ですが、それを差し引いても名曲中の名曲。何故これを評価しないヲタがあんなにも多いんでしょうか? 年末になって有線チャート11位まで上昇という事実が全てを物語ってますよね?

・モーニング娘。「そうだ!We're ALIVE」

このサイトを続ける上での原動力となった、そして今のとみ宮の在り方を決定づけた1曲。今後「2002年ってどんな年だった?」と聞かれたら、この曲をまず最初に挙げるでしょうね。


だいぶ悩んだのがここで、ハロプロ枠5曲なのに結局3曲しか選ばなかったり、先日日記の方で選んだ「ハロプロ楽曲大賞」と違った曲が入っていたりで‥‥ま、これも今日の時点での10曲なので、数時間後にはハロプロ8曲とか選んでるかもしれませんし。そういうことです。

毎年選ぶ時に「アルバムで選んだアーティスト、またそのアルバムに入ってる曲は極力避けるようにして、出来るだけ多くのアーティストを紹介できるようにしよう」と決めているんですが、今年はご覧の通り、アルバムにも選んだアーティスト、そのアルバム収録曲を3つも選んでしまいました。これは、そういう枠決めを破ってでも紹介したい、選びたいと思わせるだけの曲だったっていうことです。ここに選ばれなかった曲でもホントいい曲、今年散々聴いた曲は沢山ありますし、挙げたらキリがないですが、やっぱり今はこの10曲ですね、うん。


続きまして、今年観たライヴから選ぶ「LIVE OF 2002」を。


・ナンバーガール@水戸ライトハウス (7/5)
・DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN@フジロック (7/28)
・HANOI ROCKS@サマソニ (8/17)
・メロン記念日@赤坂ブリッツ (12/9)
・The ピーズ@SHIBUYA-AX (12/22)


ナンバガは結局あれが自分にとってラストとなってしまったのですが、そういうのを抜きにしても本当に凄いライヴでした。未だに上手い言葉が見つからない、「何だったんだあれは!?」というライヴでしたねマジで。

デトコペはやはり衝撃でしたよ。フジで朝イチという過酷な状況の中、最終的には1万人もの人を集めてしまった、あるいは他のアクトを観ようとしていた人の足を止めてしまったというのが全てを物語っているのではないでしょうか?

ハノイは‥‥文句なし。あれを見れなかった人は可哀想ですねって言いたくなる程の内容。文句なしでブッチギリ、今年最高のライヴでした。あれ観たらガンズとか見れないよマジ。

メロンは‥‥もう言葉では言い尽くされた感がありますが、やはり何度でも言いますよ。あれは伝説だったと。カラオケバックのいちアイドルのライヴでモッシュ&ダイブが起こるなんて‥‥あれを観てしまったら他のハロプロライヴ、全てが霞んじまうって!
 
最後は、俺にとって2002年最後のライヴとなったピーズ。デビュー間もない頃に観たっきりだったんですが、やっぱりいい意味でショック受けましたね。そしてまだ出てないけど、2003年2月リリース予定のニューアルバムは既に2003年を代表する名盤に決定です!

今年は30数本ものライヴを観てるんですが、その約3分の1がハロプロ系という考えられない結果になりましたが、やはりあんまりハズレはなかったですね。ただひとつだけ、市(ry

それとは別に、どうしても忘れられなくなってしまったライヴというのもありまして‥‥朝霧JAMで観たジョー・ストラマーがそれですね。観た後は「いつも通り良かった」程度だったのに、結局あれが最後になってしまったわけですから‥‥バンドが解散しても、生きている限りそこに属したメンバーのライヴというのはどこかしらで観ることが出来るわけですよ、音楽活動さえ辞めなければ。けど、死んでしまったら何もかもお終いですよ‥‥改めて、ご冥福をお祈りします。

2003年も沢山の素晴らしい音楽と出会えますように……

投稿: 2002 12 31 12:00 午前 [2002年の作品, BUMP OF CHICKEN, DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN, Grapevine, Mr.Children, pillows, the, Polaris, Primal Scream, SKETCH SHOW, SUPER BUTTER DOG, 「1年のまとめ」, グループ魂, ナンバーガール, ハナレグミ, メロン記念日, モーニング娘。, 中村一義, 後藤真希] | 固定リンク

2002年12月20日 (金)

SUPER BUTTER DOG『ラ』(2002)

  SUPER BUTTER DOGというバンドの音と初めて接したのは、多分2000年末辺りだったと思います。当時うちのサイトによく来てくれた方がオススメのアーティストの曲を編集したMDをくれたんですが、その中にSBDの"コミュニケーション・ブレイクダンス"だったか"FUNKYウーロン茶"が入ってたはずなんですよ。だから俺はこの2曲だけはずっと知ってたんですね。で、当時は結構気に入ってたんですよ。でも、アルバムを買って聴いてみようとか、それこそライヴに行ってみようとまでは思わないで。で、そのまま半年以上経ってフジロック。2001年の初日レッドマーキーに出演したんですよね。で、これも何故か無視(くるりだったかEGO-WRAPPIN'を観てたはず)。翌週に行われたROCK IN JAPAN FES.にも出演してたのに、これは確か俺が行かなかった日に出演したんで観れず。そんな感じで自分の中でSBDの存在がどんどん希薄な存在になっていこうとした頃‥‥

  2002年に入り、俺は完全にモーニング娘。のファン(=モーヲタ)になってしまいまして。ルックス云々も勿論あるんですが、それ以上に彼女達の楽曲に惹かれまして。ダンス☆マンがアレンジするファンクサウンドに唸ってしまうわけですよ。そんな頃、たまたまSBDと再会してしまうわけです。しかもよりによって"サヨナラCOLOR"ですよ‥‥もうね、これはヤバイと。ま、今回は2002年リリースの作品をどんどん取り上げるという企画なので、残念ながら2001年末ってことでアルバム「grooblue」は対象外に‥‥その代わり、このライヴベストというべき作品「ラ」を今回取り上げることにしたわけです。タイミング的にもボーカルの永積タカシがソロユニット「ハナレグミ」としてアルバムをリリースした後なので、丁度いいかなぁと思いまして。

  このふざけたタイトル、ふざけたジャケット。ちなみにこのブックレットの裏面は「イ」の文字が、そしてトレーや裏ジャケには「ブ」の文字‥‥ま、「ライブ」ってことですよね。帯にも「ラフでラウドでラムーでラメでラブでラップでラケンローなライブベストアルバム」との表記があるんですが‥‥多少こじつけな表現もありますが、ほぼその通りだと思いますよ。まずね、収録されてる楽曲が過去5作のアルバムから満遍なく入っていて、ホントにベスト盤。そしてそれらがライヴでのベストテイクで収録されてるわけです(ひとつのライヴからの実況中継盤ではなく、1999~2001年のライヴからのベストテイクだそう)。ライヴならではのアレンジや煽りもあり、またトラブルもそのまま収録してるようですし。やっぱり目玉は"五十音"でのキーボード池田によるコーラスだったり、超名曲"サヨナラCOLOR"だったり(この曲があったから、その後ハナレグミが生まれたようなものだし)、エンディング間際の"マッケンLO"~"セ・ツ・ナ"、そしてオーラス"FUNKYウーロン茶"でしょうね。ライヴならではのどんどん延びていくエンディングだったり、コールアンドレスポンスだったり、メンバー間の笑い声だったり。そういう細かいポイントやニュアンスまでそのまま収録してる、そういうアルバムだったりします。そういう意味では、ここ数年の彼等のベストを集めたものなんだけど、それ以上に「今のSBD」を端的に表現してるような気がします。

  彼等の演奏や永積の唄を聴いてて思うのは、ファンクというよりは完全にロックだよな、ってことでしょうか。ファンクロックといえばいいのか‥‥いや、確かにファンキーなんだけど、完全にロックとして機能してしまっているんだよね。そういう意味では、俺はかなりP-FUNKに近い存在じゃないかな、と勝手に解釈してるんですが。P-FUNK‥‥特にFUNKADELICもファンクロックというよりは、完全にロックバンドだしね。彼等自身も周りが思う程「ファンクの伝道師」なんて思っていないだろうし、むしろライヴやってる最中は気持ちよくロックしまくってます、くらいの気持ちなんじゃないかなぁ‥‥と。

  で、それは決して悪いことじゃなくて、むしろいい方向に作用してるように思うんですね。これがド・ファンクだったら‥‥やっぱり人によって得手不得手があると思うんですね。ところが、ここまでロックしてしまうと、逆に聴きやすい。ファンクに疎いロックファンの耳にも優しいんですよ。例えば、いくらモーニング娘。がファンクに接近しようが、それはあくまでポップフィールド上での話であって、決してファンクそのものになることはないと思うんですよ。だからこそ、モーニング娘。のダンス☆マン・ナンバーはロックファンである我々の耳にも馴染みやすいんですよね。あくまでロックやポップスの範疇でのファンキーさですから。そしてSBDも‥‥。

  百聞は一見に如かずじゃないですが、まだ彼等に接したことのない人は是非このライヴ盤から聴くことをオススメします。このアルバム、普通のアルバムよりも安い2,100円(税込)ですよ!? それで12曲、70分以上も収録されているんですから。「ファンクとか跳ねるリズムは苦手」というロックファン、モー娘。でファンキーな音楽に目覚めつつあるモーヲタ、そして「心に響く唄」が聴きたいリスナー、全てにオススメの1枚です。当然、今年の10枚候補ですよ、これ(ま、ライヴでベストという反則合わせ技ですけどね)。



▼SUPER BUTTER DOG『ラ』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 20 12:00 午前 [2002年の作品, SUPER BUTTER DOG] | 固定リンク