2019年3月 2日 (土)

MARK MORTON『ANESTHETIC』(2019)

2000年代を代表するUSヘヴィロック/ヘヴィメタルバンドLAMB OF GODのギタリスト、マーク・モートンによる初のソロアルバム。全10曲すべてが歌モノで、それぞれ異なるシンガーを迎えて制作されたものとなっています。そういう意味ではギタリストのエゴが前面に打ち出されたものではなく、あくまでソングライター/表現者としてバンドとは異なるアプローチで作り上げた1枚と言えるでしょう。

参加シンガーはチェスター・ベニントン(LINKIN PARK)、ジャコビー・シャディックス(PAPA ROACH)、マーク・ラネガン(ex. SCREAMING TREES)、チャック・ビリー(TESTAMENT)、ジェイク・オニ(ONI)、マイルス・ケネディ(ALTER BRIDGESLASH)、マーク・モラレス(SONS OF TEXAS)、ジョシュ・トッド(BUCKCHERRY)、ネイマー・マドックス、アリッサ・ホワイト-グルーズ(ARCH ENEMY)、そしてLAMB OF GODのフロントマンであるランディ・ブライとマーク自身という豪華かつバラエティに富んだ面々。演奏面ではギターをマークがすべて担当したほか、STONE SOURのロイ・マイヨルガ(Dr)、MEGADETHのデイヴィッド・エレフソン(B)、KORNのレイ・ルジアー(Dr)、ALICE IN CHAINSのマイク・アイネズ(B)、TRIVIUMのパオロ・グレゴリート(B)&アレックス・ベント(Dr)、CLUTCHのジャン・ポール・ガスター(Dr)、元THE BLACK CROWESのスティーヴ・ゴーマン(Dr)&マーク・フォード(G)といったジャンルの垣根を超えた布陣が顔を揃えています。

アルバムはマークとジェイク・オニ、そしてLAMB OF GODのプロデューサーとして知られるジョシュ・ウィルバーとの共同制作によるもの。楽曲自体はマークが「いつかバンドとは別の形で発表したい」と長年書き溜めてきたものなのですが、各シンガーの個性が強いこともあってか、それぞれのシンガーに合った手法で書き下ろされたものと錯覚してしまいそうになります(もちろんそういう曲も含まれていますが)。

チェスターが亡くなる数ヶ月前に制作されたオープニングトラック「Cross Off」はLINKIN PARKをよりモダンヘヴィネス寄りにした良曲ですし、ジャコビーが歌う「Sworn Apart」もPAPA ROACHのアルバムに入っていたとしても不思議じゃない1曲。かと思えばマーク・ラネガンが歌う「Axis」ではアーシーさが前面に打ち出されているし、チャック・ビリー&ジェイク・オニによる「The Never」のスラッシュ&王道メタルなノリもひたすらカッコいい。

マイルス・ケネディ歌唱による「Save Defiance」は完全にマイルスのノリだし、マーク・モラレス参加の「Blur」はSONS OF TEXAS寄りのスモーキーさが表出している。ジョシュ・トッドが歌う「Back From The Dead」なんてBUCKCHERRYをヘヴィにさせたノリで好印象だし、ネイマー・マドックスによる「Reveal」はどこかファンキー。マーク本人が歌唱する「Imaginary Days」は正統派ハードロックの香りが感じられ、ラストを飾るランディ&アリッサによる「The Truth Is Dead」は2人の声の対比も良いし、なにより楽曲がLAMB OF GODの延長線上にあるのが良い。

マークのギタリストとしての非凡さも随所に感じられるし、何よりも曲のバラエティ豊かさに驚かされる。このひと、こんなに多才だったんだと驚き連発の1枚です。

LAMB OF GOD本体は、昨年BURN THE PRIEST名義のカバーアルバム『LEGION: XX』を発表したりと若干リラックスモードかもしれませんが、こういったガス抜きを経て次にどんなオリジナルアルバムを届けてくれるのか、今から楽しみでなりません。まずは奇跡の共演が実現した(特に、貴重なチェスターの声が残された)この意欲作をじっくり聴き込みたいと思います。



▼MARK MORTON『ANESTHETIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2019 03 02 12:00 午前 [2019年の作品, Alice in Chains, Alter Bridge, Arch Enemy, Black Crowes, the, Buckcherry, Clutch, Korn, Lamb of God, Marilyn Manson, Megadeth, Myles Kennedy, Papa Roach, Slash, Sons of Texas, Stone Sour, Testament, Trivium] | 固定リンク

2018年2月16日 (金)

TESTAMENT『PRACTICE WHAT YOU PREACH』(1989)

TESTAMENTが1989年8月(US)にリリースした、通算3作目のスタジオアルバム。過去2作(1987年の『THE LEGACY』、1988年の『THE NEW ORDER』)がどちらかというとテクニカルな真性スラッシュメタルアルバムという印象でしたが、この3作目で一気に化けた(変化を遂げた)印象が強く、僕のようにこのアルバムからTESTAMENTを知ったというリスナーは当時少なくなかったはずです。

アルバム冒頭を飾るタイトルトラック「Practice What You Preach」はMVも制作され、当時MTV「Headbangers Ball」で大プッシュされていた記憶が。スピードで押し切る疾走スラッシュというよりも、ある程度アップテンポだけどグルーヴ感も強く、なにより歌メロがキャッチーということで「がなるだけのスラッシュは苦手」というメタルファンにも受け入れられたんじゃないでしょうか。実際、かなり正統派メタルに近づいた印象もありますし。

で、この曲だけでなく、続くストレートな「Perilous Nation」やミドルテンポの「Envy Life」など、スラッシュの色合いはところどころに残しつつも、パワフルな正統派メタルと呼ぶにふさわしい仕上がりなんですよね。その極め付けとして、タイトルがまんまな「The Ballad」まであるし。

もちろん、「Blessed In Contempt」や「Nightmare (Coming Back To You)」みたいなスラッシュ寄りの楽曲も少ないけど存在している。だけど、やっぱり本作の主力になるのは「Practice What You Preach」や「Greenhouse Effect」みたいな楽曲なわけです。そう考えると、本作を経て1枚(1990年の『SOULS OF BLACK』)を挟んで、『THE RITUAL』(1992年)でその路線の究極形にたどり着くのも頷ける話なわけです。

あと、このバンドの面白みはアレックス・スコルニク(G)の変態的なギタープレイ&フレーズの数々でしょう。どの曲からも「え、そんな音階弾くの?」っていうフックになるプレイが飛び出してくるし、特にラストのインスト曲「Confusion Fusion」はその極め付けの1曲。過去2作にもその要素は存分に含まれていたものの、彼の才能が完全に開花したのは本作なんじゃないかと確信しています。

最近のハードコアな路線ももちろん大好きですよ。でも、ちょっとヤワいくらいに聞こえるこの時代のアルバムも捨てたもんじゃないなと思うのですが、いかがでしょう?



▼TESTAMENT『PRACTICE WHAT YOU PREACH』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 02 16 12:00 午前 [1989年の作品, Testament] | 固定リンク

2017年1月30日 (月)

TESTAMENT『BROTHERHOOD OF THE SNAKE』(2016)

BIG4(METALLICA、SLAYER、ANTHRAX、MEGADETH)以降に登場したスラッシュメタルバンドの中では(メンバーチェンジこそあれど)解散することなく息の長い活動を続けるTESTAMENT(事実上の解散状態もあるにはあったんだけど)。そんな彼らが2012年の10thアルバム『DARK ROOTS OF EARTH』から約4年ぶりに発表したのが本作『BROTHERHOOD OF THE SNAKE』です。

前作はジーン・ホグラン(Dr)を新メンバーに迎え、スラッシーな楽曲もありつつ全体的にはヘヴィでダークなミドルナンンバーが軸といった内容でした。それはそれで悪くなかったし、個人的には近作で一番好きでしたが、全体のバランスがイマイチだったのも否めません。

今作は全盛期メンバーのグレッグ・クリスチャン脱退後に再加入したスティーヴ・ディジョルジオ(B)、先のジーン・ホグラン、そしてチャック・ビリー(Vo)、エリック・ピーターソン(G)、アレックス・スコルニック(G)という編成で制作。スティーヴ・ディジョルジオとジーン・ホグランのコンビというと、DEATHが1993年に発表した傑作『INDIVIDUAL THOUGHT PATTERNS』の参加メンバー。この2人にアレックス・スコルニックが加われば、そりゃテクニカルスラッシュメタルを期待してしまうのが筋ってものです。

しかし、本作はそういった技巧派方面に偏ることなく、ひたすらヘヴィで攻撃的な内容となっています。オープニングのタイトルチューン「Brotherhood Of The Snake」のハードコアさといったら……ねぇ? 本作の良い点は、前作で失敗した曲順や楽曲のバランスが見事に改善されているところ。アップチューンとミドルナンバーのバランスが絶妙で、1曲目から「クソ速い→速い→速い→重い→重い→クソ速い→速い→重い→速い→クソ速い」と全10曲がするっと聴けてしまうのです。それと、前作では7分を超える長尺曲に若干の緩慢さを感じたのですが、本作に関してそれは皆無。どんなに長くても5分半前後で、アレンジも練られている。技巧派3人の実力がこういうところで地味に発揮されてるわけです。

全体で45分程度という長さもちょうどいいですし(日本盤には「Appocalyptic City」再録バージョンと「Brotherhood Of The Snake」別ミックスをボーナストラックとして収録)、2016年に発表された旧スラッシュ勢の新作では(完全に独自の方向を突き進むMETALLICAを除けば)一番勢いを感じさせる1枚じゃないでしょうか。

こうやって80年代から活躍するスラッシュ勢が良作を次々に発表してくれるのは、非常に嬉しいかぎり。今年はKREATORに続いてOVERKILLの新作も控えてますしね。そして、今作を携えたTESTAMENT来日公演の早期実現にも期待したいと思います。→と思ったら1ヶ月後に決まってたのですね!(笑) スケジュール的に厳しいけど、絶対に行ったほうがよさそうですね。



▼TESTAMENT『BROTHERHOOD OF THE SNAKE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 30 12:00 午前 [2016年の作品, Testament] | 固定リンク