2017/03/09

BLACK STAR RIDERS『HEAVY FIRE』(2017)

元THE ALMIGHTYのリッキー・ウォリック(Vo, G)、元THIN LIZZYのスコット・ゴーハム(G)を中心に結成された、“THIN LIZZYの正統的後継バンド”BLACK STAR RIDERS。彼らが2015年の2ndアルバム『THE KILLER INSTINCT』に続いて発表したのが、本作『HEAVY FIRE』です。2月初頭に発表された今作は、すでにイギリスで初登場6位という好成績を残しています。

もともとは“フィル・ライノットのいないTHIN LIZZY”がライブ活動の延長で、オリジナル曲を発表する上でTHIN LIZZYの名前を使わないため、そして「THIN LIZZYの物語を次のステップに進めるため」に新た結成されたのがBLACK STAR RIDERSというバンド。現在はリッキー、スコットのほか、BROTHER CANEなどで活躍したデイモン・ジョンソン(G)、ヴィンス・ニールのソロプロジェクトやRATTに在籍したロビン・クレイン(B)、Y&TやMEGADETHなど数々のバンドで活動し、最近はRATTにも参加しているジミー・デグラッソ(Dr)という5人で活動しています。

確かに本作にはTHIN LIZZYの“香り”がそこらじゅうから感じられます。それはリッキーの「どことなくフィル・ライノットに似た」男臭い歌声だったり、独特な節回しを含むメロディだったり、随所にフィーチャーされるツインリードギターだったり……それらがミックスされることでTHIN LIZZYっぽい“香り”になるのですが、あくまで“っぽい”止まり。そこにアイリッシュトラッド的な要素ではなく、アメリカンロック的な大らかなノリやブルース、フォークなどのテイストが加わることで独自の世界観が作り上げられています。

今作は前作同様、アメリカ・ナッシュビルでレコーディングを敢行。プロデューサーには前作から引き続きニック・ラスカリニクス(ALICE IN CHAINS 、DEFTONES、FOO FIGHTERSなど)を迎えて制作されており、そのへんも本作の方向性に大きな影響を与えているのかもしれません(それ以前にバンド内のアメリカ人比率が高いことも大きいと思いますが)。THIN LIZZYが本来持ち合わせていた音楽的“アイリッシュ訛り”が払拭され、よりワールドワイドで戦える音に昇華されています(もちろんこれは、THIN LIZZY元来のサウンドがワールドワイドで戦えないという意味ではありません。「クセが弱まったぶん、より幅広い人たちに聴いてもらえる体制が整った」ということです)。

王道THIN LIZZY調の「Testify Or Say Goodbye」みたいな曲を残しつつも、全体ではTHIN LIZZYテイストは調味料程度で、リッキーやスコットなどのメンバーが本来持つ個性がより強く出始めています。それを良しとするか、それともなしとするかで本作の評価は大きく分かれるかもしれません。個人的には全体のバランス感が絶妙で、過去2作以上にお気に入りな1枚です。



▼BLACK STAR RIDERS『HEAVY FIRE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD(ボーナストラック入り) / 海外盤CD

投稿: 2017 03 09 12:00 午前 [2017年の作品, Almighty, The, Black Star Riders, Thin Lizzy] | 固定リンク

2004/01/04

THIN LIZZY『BBC RADIO ONE LIVE IN CONCERT』(1992)

先日、「THIN LIZZY、歴代ベスト・ライヴ・アルバムに選ばれる」というニュースを取り上げたんですが、ここで選ばれたのは「LIVE AND DANGEROUS」という初期の名ライヴアルバムなんですね。もうこれは聴いていて当たり前なライヴ盤なわけですよ、俺からすると。'70年代のリティッシュロックを語る上で(ま、正確にはフィル・ライノットがアイリッシュってこともあって、厳密にはブリティッシュロックではないのかもしれませんが)外せない1枚なわけですよ。例えば俺的には‥‥イギリス人ではないけど、イギリスからブレイクしていったという意味では外せない‥‥AC/DCの「IF YOU WANT BLOOD YOU'VE GOT IT」と同じくらいの意味合いを持つ作品なわけですよ。

で、そのTHIN LIZZYなんですが、バンド存続時に2枚のライヴ盤を出してるんですね。ひとつが上に挙げた「LIVE AND DANGEROUS」、そしてもう1枚(正確には2枚組なので1組と呼ぶべきか)が解散時のツアーをまとめた「LIFE」という作品。編成も音楽性も異なる2種類のライヴ盤なのですが、ファンならどちらも抑えておきたいアルバムですよね。

解散後暫くして‥‥'86年1月4日にフィルが亡くなります。そして'90年代に入り、何故かTHIN LIZZYが再評価される機会が増えます。未発表曲を含むベスト盤がリリースされたり、ラジオ音源を使用したライヴ盤が出回ったり‥‥今回紹介するアルバムも、そういう意味では「未公認」に近い形でリリースされたライヴ盤なのですが‥‥けどこれ、歴史的価値の点で考えると非常に重要な1枚な気がするんですよね。

ここに収められた音源は、'83年8月に出演したイギリス「READING FESTIVAL」で演奏した際のものです。この時のライヴは当時、英BBCラジオで放送され、この音源もその為にレコーディングされたものです。なので商品化を目的にレコーディングされたものではないので、音質も最高とは言い難いレベルです(ま、そんなに悪くはないですけど、所々酷い箇所も見受けられます)。当日、同フェスのヘッドライナーとして出演した際の演奏が、ほぼ完全収録という形で収められたこのライヴ盤が、何故そんなに希少価値があるのか‥‥それは、このライヴが正真正銘の「THIN LIZZYのラストライヴ」だったからなのです。

本来、彼等は'83年初頭に「THUNDER AND LIGHTNING」というスタジオアルバムを発表し、それに伴うツアーで解散することになってました。資料によると同年5月の日本公演がラストになる予定だったそうです。が、このフェアウェル・ツアーが大盛況だったこともあり、プロモーター側がどんどん追加公演を増やしていき、解散が先延ばしになり、結局3ヶ月も延長されてしまった、というのが真相みたいですが‥‥どちらにしても、英国を代表する大フェスティバルで最期を迎えることができたのは、ある意味幸せだったのかもしれませんね。

演奏された曲目はラストアルバム「THUNDER AND LIGHTNING」からの4曲を含む、正にベストヒット的内容になってます。たった14曲ということもあって、確かに完全に納得がいく選曲とは言い難いですが、それでも「あぁ、こういう形か‥‥」と個人的には納得ができるんですけどね。フェスだからね、どうしても7~80分程度でしょ、どんなに最長でも。そんな場所でもラストでは "Still In Love With You" を10分近くに渡って演奏してしまうんですから。しかもそこでのスコット・ゴーハムとジョン・サイクスのギターバトルがまた凄いのなんのって。最後の最後で力を振り絞って1音1音を奏でてる様が目に浮かぶようなプレイなんですよね。個人的にも共に大好きなギタリストなので、尚更ですよね。

そうそう、最初この音源を聴いた時(まだその頃は「LIFE」を聴いてなかったんです)、てっきりジョン・サイクスのプレイだと思ってた方が、実はスコット・ゴーハムのものだったことを知らされた時、もの凄いショックを受けましたからね。だってさ、メチャクチャ若返ってるんだもん、スコットのプレイが。ジョンに感化されて凄い速弾きとかしてるのね。"Thunder & Lightning" とか聴くと凄いよね。初期の頃の、シンプルだったTHIN LIZZYが好きだったファンには不評なラストアルバムだけど、俺はこれ、LIZZYの作品でも3本指に入るくらい好きだし。メタリックだけど、曲自体はメロディアスでポップなんだよね。そこは間違いなくフィルの持ち味なんだよな、と。ジョン・サイクスの才能も正直、まだまだ完全に開花したとは言い難いものですしね、この頃は(結局「ジョン・サイクスらしさ」が完全開花したのって、WHITESNAKEで「サーペンス・アルバス」を制作してる時期でしょ?)。

このライヴだと、やはり個人的にピークとなるのは "Emerald" 以降の流れですかね。ここから "The Cowboy Song" ~ "The Boys Are Back In Town" ~ "Suicide" で一旦本編終了して、その後 "Rosalie" ~ "Dancing In The Moonlight" ~ "The Cowgirl Song" のメドレーがあって、最後の最後に "Still In Love With You" で聴かせ/歌わせ/泣かせて終わるという構成。実は前半は新曲や当時未発表だった "A Nihgt In The Life Of A Blues Singer"(確か後のフィルのソロシングルに収録されたんでしたっけ?)といった新しめの曲が中心なんですよ‥‥限られた時間を考えれば、バランス的には申し分ないのかもしれませんね。

実はこのラストライヴ音源集、現在ではなかなか手に入りにくい一品みたいなんですね。俺が持ってるのは国内盤なんですが、これをリリースしていたのが、今は亡き「アルファ・レコード」なんです(当時、YMOやSOFT BALLETといったアーティストのリリース元。現在はソニーがここの音源を再発してますが、それも国内アーティストに関してのみ)。だから‥‥権利関係がどうなってるのか判りませんが、少なくとも再発は暫く有り得ないでしょうね。となると、輸入盤なんですが‥‥amazonでも品切れ状態が続いてるようです。もし店頭でこのCDを見つけたなら、とりあえず買ってみることをオススメします。あ、その前にまず「LIVE AND DANGEROUS」やスタジオアルバム(ベストでも可)を聴いているのが大前提ですけどね。

最後に‥‥あれから18年経ちましたか。当時中学生だった俺は、結局リアルタイムでTHIN LIZZYを通過することはありませんでした(何せ最初にフィルの事をしったのが、ゲイリー・ムーアーとのデュエット曲 "Out In The Field" ですからね)。後追いで、しかも'90年代に入ってから彼等に夢中になった俺ですが‥‥やはりいいものは、いつ聴いてもいいんですよ。カッコイイ音を、素直にカッコイイと言える。それが素敵なんですから。



▼THIN LIZZY『BBC RADIO ONE LIVE IN CONCERT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 01 04 05:11 午後 [1992年の作品, Thin Lizzy] | 固定リンク