2006/06/22

TOKYO DRAGONS『GIVE ME THE FEAR』(2005)

 その名前はちょっと前から耳にしてたんだけど、アルバムを聴いたのは今年に入ってからなんですよね。英米で昨年の秋にリリースされたTOKYO DRAGONSの1stアルバム「GIVE ME THE FEAR」は、本当によく出来た良質のハードドライビングロック&ブギーアルバム! なんかテキトーに知ってる単語を繋げただけっぽいけど特に気にする必要はないよ。だってまんまの音だから。

 今年の4月に英「Kerrang!」で取り上げられた際に、以下のステキな文章で彼らを紹介してるんだわ。


"People are still arriving as Tokyo Dragons are raising denim and leather hell. Front man Steve Lomax and co are on fire at the moment, playing old school heavy rock with as much blood and thunder as anyone. They've got the honest-to-goodness authenticity of Thin Lizzy mixed with The Datsun's bluster and brevity. All from a British band that everyone should be supporting."


これだけで十分に伝わる気がするんだけど‥‥どうだろう?

 THIN LIZZYだとかDATSUNSの名前が挙がってるけど、ホントそのとおりの音で。後はAC/DCだったりKISSだったり‥‥っていうとあれだね、THE HELLACOPTERS辺りの名前も挙げないとね。いや、このデニム&レザーの小汚い野郎ども4人は完全に確信犯ですわ。バンド名がアレで、ちょっと引いちゃう人もいるかもしれないけど、このダサイセンスこそ、'70年代ブリティッシュロックに必要な要素だからね。ホント確信犯(だって「TOKYO」っていう単語を使ったのは、単に響きがカッコ良かったから、って理由だしね。無意識・無自覚だとしても、完全な確信犯。音とバンド名がピッタリじゃんか)。

 なんかいろいろ調べてみたら、彼らが2004年以降サポートを務めたバンドは先のDATSUNSやSTATUS QUO、HANOI ROCKSやTHE WiLDHEARTSといった辺り。そうそう、俺のど真ん中。ね、もうその音が想像できるでしょ? ホント最近イギリスからいいバンドが出てきてるよね。THE DARKNESSもそうだし、最近アルバムをリリースしたTOWERS OF LONDONもそうだし。こういうバカがもっと増えればいいと思うよ。

 そんなTOKYO DRAGONSがいよいよ8月に日本デビュー。日本盤化に際してバンド表記は「東京ドラゴンズ」になるんだってさ。なんじゃそりゃ。「URUSEIYATSURA」が「奴ら」って表記されんのと同じようなもんか(多分違う)。ま、なんにせよ‥‥早いとこ日本でライヴ観たいね!



▼TOKYO DRAGONS「GIVE ME THE FEAR」(amazon:US盤UK盤日本盤

投稿: 2006 06 22 12:51 午前 [2005年の作品, 2006年の作品, Tokyo Dragons] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック