2019年3月 2日 (土)

MARK MORTON『ANESTHETIC』(2019)

2000年代を代表するUSヘヴィロック/ヘヴィメタルバンドLAMB OF GODのギタリスト、マーク・モートンによる初のソロアルバム。全10曲すべてが歌モノで、それぞれ異なるシンガーを迎えて制作されたものとなっています。そういう意味ではギタリストのエゴが前面に打ち出されたものではなく、あくまでソングライター/表現者としてバンドとは異なるアプローチで作り上げた1枚と言えるでしょう。

参加シンガーはチェスター・ベニントン(LINKIN PARK)、ジャコビー・シャディックス(PAPA ROACH)、マーク・ラネガン(ex. SCREAMING TREES)、チャック・ビリー(TESTAMENT)、ジェイク・オニ(ONI)、マイルス・ケネディ(ALTER BRIDGESLASH)、マーク・モラレス(SONS OF TEXAS)、ジョシュ・トッド(BUCKCHERRY)、ネイマー・マドックス、アリッサ・ホワイト-グルーズ(ARCH ENEMY)、そしてLAMB OF GODのフロントマンであるランディ・ブライとマーク自身という豪華かつバラエティに富んだ面々。演奏面ではギターをマークがすべて担当したほか、STONE SOURのロイ・マイヨルガ(Dr)、MEGADETHのデイヴィッド・エレフソン(B)、KORNのレイ・ルジアー(Dr)、ALICE IN CHAINSのマイク・アイネズ(B)、TRIVIUMのパオロ・グレゴリート(B)&アレックス・ベント(Dr)、CLUTCHのジャン・ポール・ガスター(Dr)、元THE BLACK CROWESのスティーヴ・ゴーマン(Dr)&マーク・フォード(G)といったジャンルの垣根を超えた布陣が顔を揃えています。

アルバムはマークとジェイク・オニ、そしてLAMB OF GODのプロデューサーとして知られるジョシュ・ウィルバーとの共同制作によるもの。楽曲自体はマークが「いつかバンドとは別の形で発表したい」と長年書き溜めてきたものなのですが、各シンガーの個性が強いこともあってか、それぞれのシンガーに合った手法で書き下ろされたものと錯覚してしまいそうになります(もちろんそういう曲も含まれていますが)。

チェスターが亡くなる数ヶ月前に制作されたオープニングトラック「Cross Off」はLINKIN PARKをよりモダンヘヴィネス寄りにした良曲ですし、ジャコビーが歌う「Sworn Apart」もPAPA ROACHのアルバムに入っていたとしても不思議じゃない1曲。かと思えばマーク・ラネガンが歌う「Axis」ではアーシーさが前面に打ち出されているし、チャック・ビリー&ジェイク・オニによる「The Never」のスラッシュ&王道メタルなノリもひたすらカッコいい。

マイルス・ケネディ歌唱による「Save Defiance」は完全にマイルスのノリだし、マーク・モラレス参加の「Blur」はSONS OF TEXAS寄りのスモーキーさが表出している。ジョシュ・トッドが歌う「Back From The Dead」なんてBUCKCHERRYをヘヴィにさせたノリで好印象だし、ネイマー・マドックスによる「Reveal」はどこかファンキー。マーク本人が歌唱する「Imaginary Days」は正統派ハードロックの香りが感じられ、ラストを飾るランディ&アリッサによる「The Truth Is Dead」は2人の声の対比も良いし、なにより楽曲がLAMB OF GODの延長線上にあるのが良い。

マークのギタリストとしての非凡さも随所に感じられるし、何よりも曲のバラエティ豊かさに驚かされる。このひと、こんなに多才だったんだと驚き連発の1枚です。

LAMB OF GOD本体は、昨年BURN THE PRIEST名義のカバーアルバム『LEGION: XX』を発表したりと若干リラックスモードかもしれませんが、こういったガス抜きを経て次にどんなオリジナルアルバムを届けてくれるのか、今から楽しみでなりません。まずは奇跡の共演が実現した(特に、貴重なチェスターの声が残された)この意欲作をじっくり聴き込みたいと思います。



▼MARK MORTON『ANESTHETIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2019 03 02 12:00 午前 [2019年の作品, Alice in Chains, Alter Bridge, Arch Enemy, Black Crowes, the, Buckcherry, Clutch, Korn, Lamb of God, Marilyn Manson, Megadeth, Myles Kennedy, Papa Roach, Slash, Sons of Texas, Stone Sour, Testament, Trivium] | 固定リンク

2018年6月16日 (土)

TRIVIUM『SHOGUN』(2008)

2008年9月に発表された、TRIVIUM通算4作目のスタジオアルバム(Roadrunner Records移籍後3作目)。初の全米トップ30入り(25位)を記録した前作『THE CRUSADE』(2006年)に続く本作は、全11曲でトータル67分という大作に仕上がっています。

本作はまず、『SHOGUN』(=将軍)というそのアルバムタイトルにギョッとしたリスナーが多かったのではないでしょうか? しかも、アルバムのオープニングを飾るリードトラックが「Kirisute Gomen」(=斬り捨て御免)ですからね。マシュー・キイチ・ヒーフィー(Vo, G)が日系人で山口県岩国で過ごした経験を持つ親日派だという現実が、この“ガイジン的発想”に走らせたのか。あるいはメタルの世界では当たり前の中世を扱った世界観を、単に日本に置き換えただけなのか……正直、聴く前はビクビクしながら音を待ったものです。

ですが、いざ完成したアルバムは別に日本の戦国時代を扱ったコンセプチュアルな作品ではなく、そういう楽曲もありつつギリシャやユダヤ・キリスト教を題材にしたナンバーも含まれている。そういった歴史的エピソードをテーマにしつつ、前作で顕著になったオールドスクールなヘヴィメタルの側面をさらに強めたプログレッシヴなHR/HMスタイルが確立されています。

全体的にスピードは若干抑え気味で、メロウな側面は前作『THE CRUSADE』の延長線上にあるイメージ。ですが、全体を通して聴いたときの印象は、そのひとつ前の『ASCENDANCY』(2005年)を進化させたような感想を持ちました。かといって、本作はそこまでメタルコア的なモダンさは希薄で、そのスタイルはマシューのスクリームなどに若干残っている程度。そういった意味では、過去2作の良いとこ採りな1枚かもしれません。

オープニングトラック「Kirisute Gomen」は、サビこそ日本語で「斬り捨て御免」と歌っているのでギョッとしますが、6分半におよぶプログレッシヴなスタイルはオールドスクールなスラッシュメタルそのもの。前作でのメロウな側面を強調させたミドルナンバー「Down From The Sky」は、適度にスクリームも飛び出し、その配合具合が絶妙。「Into The Mouth Of Hell We March」や「Throes Of Perdition」など、古き良き時代のヘヴィメタルとメタルコア以降のモダンさがミックスされた、非常に現代的なのにどこか懐かしさを感じさせる仕上がりです。

と、ここまでかなり好意的に書いていますが、個人的には彼らのアルバムの中でもかなり印象が薄い1枚であるのも事実。いわゆる“キメの1曲”が存在しない、全体的に似た印象の楽曲が並ぶどっちつかずさもあり、また70分近い長尺さもあってどこかぼんやりしてしまう。例えばこれが9曲入りとか50分台だったら、もうちょっと焦点を絞れたのかもしれない。次のアルバム『IN WAVES』(2011年)でモダンさに振り切ることを考えると、本作はTRIVIUMにとって過渡期的な作品だったのもしれませんね。



▼TRIVIUM『SHOGUN』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 海外盤CD / 海外盤CD+DVD / MP3

投稿: 2018 06 16 12:00 午前 [2008年の作品, Trivium] | 固定リンク

2017年10月22日 (日)

TRIVIUM『THE SIN AND THE SENTENCE』(2017)

前作『SILENCE IN THE SNOW』(2015年)から2年ぶりに発表された、TRIVIUM通算8枚目のスタジオアルバム。彼らは大半のアルバムを2年間隔で発表してくれる働き者で、創作意欲に満ち溢れているグループなんだろうなと想像しています。中にはツアーに2年近くかけるバンドもいるというのに……あえて名前は出しませんが(笑)。

彼らは出世作となった2ndアルバム『ASCENDANCY』(2005年)と3rdアルバム『THE CRUSADE』(2006年)で同じプロデューサーを起用して以降、4th『SHOGUN』(2008年)から毎作プロデューサーを変えています。そこ結果なのか、以降のアルバムは毎回作風が少しずつ変化しているし、良い意味で『ASCENDANCY』で付いたイメージを払拭しようと奮闘しています。もしくは、アルバムごとに新たなことに挑戦しようと思い、そのスタイルにもっとも合ったプロデューサーを起用しているのかもしれませんが。

そんな本作でプロデュースを手がけるのは、LAMB OF GODの諸作やHATEBREEDGOJIRA、日本のVAMPSなどのプロデューサーとして知られるジョシュ・ウィルバー。実は彼、前作『SILENCE IN THE SNOW』ではミックスも手がけているので、正確では初顔合わせではありません。それもあってかわかりませんが、新作を初めて聴いたとき、久しぶりに「前作の延長線上にある内容、もしくは前作をブラッシュアップさせつつ、より攻撃的にした作風だなぁ」と感じました。前作でより正統派ヘヴィメタルバンド的側面を強めた彼らでしたが、新作ではそのカラーにブラックメタル的な攻撃性が加わることで、『SILENCE IN THE SNOW』を「モダンでヤワになった」と不満に感じていた人にも「おっ?」と思わせる内容に仕上がっているのではないでしょうか。

実はそのへん、新ドラマーのアレックス・ベントが加わったことも大きいのかなと。彼がどういうタイプのプレイヤーかは詳しく知らないのですが、きっと彼の個性が大きく反映されたビート感やアレンジなんだと思います。加えて、ちょうど昨年秋に1stアルバム『EMBER TO INFERNO』(2003年)のリイシュー盤がリリースされ、そこにアルバム前の初期音源も豊富に追加されたことから、バンドの原点を見直した可能性もあるのかなと。

とはいえ、基本的には『SILENCE IN THE SNOW』でやろうとしていたことのブラッシュアップ版のイメージが強く、前作が生理的に苦手という人には今回もダメかもしれませんが。まぁ、そもそも「『THE CRUSADE』以降のTRIVIUMってこういうバンドだったよね?」という気がするのですが、いかがでしょう? 特に『IN WAVES』(2011年)以降の彼らはメロディの質的にB級を脱したと思っていますし、サウンド的にも今作はモダンと王道の間を行き来するバランス感が絶妙。うん、前作よりも好き。前作も最初は良いね!と思っていたのに、しばらく経ったら聴く頻度が減っていたんですよ。単純に僕個人の好みの問題でしょうけど、ちょっと刺激が足りなかったのかな、と。なので、今作みたいなバランス感は大歓迎です。久しぶりに「ライブでたっぷり聴いてみたい!」と思える新曲ばかりなので、次こそは必ず来日公演に足を運ぼうと思っております。



▼TRIVIUM『THE SIN AND THE SENTENCE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 10 22 12:00 午前 [2017年の作品, Trivium] | 固定リンク

2006年10月 3日 (火)

TRIVIUM『THE CRUSADE』(2006)

 前作「ASCENDANCY」からたったの1年半で届けられた、TRIVIUMの3rdアルバム「THE CRUSADE」は噂どおりにスゴいことになってました。いやぁ、俺の想定していた成長の度合いを遥かに超えた、もの凄いヘヴィメタルアルバムを作っちゃったなぁ……マット・ヒーフィーってまだ20歳そこそこだよね?(汗)「好きこそものの上手なれ」なんて言葉のとおり、やっぱり若い子は飲み込みも早いし、それを用いて成果を出すのも早い……ま、彼の場合は才能の問題だと思いますが。

 バンドとしてもこの2年近くで相当な数のライブをこなしたはずで、それが良い方向に機能したのかな。実際に曲を書く時間はほとんどなかったようで、全部前回のツアー中に書いたみたいだけど(BULLET FOR MY VALENTINEも同じようなこと言ってたな。1stで売れちゃうとそういうことになるわけか)、その割にかなり……いや、相当良い曲が出来上がってると思います。

 ハッキリ言っちゃえば、ここには「M.A.メタル」も「メタルコア」も「スクリーモ」も存在しません。あるのはただひとつ、「ヘヴィメタル」のみ。そう、これこそ純粋な、2006年におけるヘヴィメタルの在り方なんじゃないかな、と思うわけです。もちろんいろんなバンドがいていいし、いろんなサウンドがあるから音楽って面白いんだけど、我々が忘れかけていた何かを一瞬にして思い出させてくれるのがこのアルバム「THE CRUSADE」なんじゃないか、と。そう信じたいわけです。

 ボーカルはスクリームやデス声を極力抑え、歌メロを重視した歌唱がメインになってます。その点においてこれまでのファンからは賛否分かれるかもしれません。曲もモダンな要素は若干後退し、かなり古めかしい、それこそ'80年代的なサウンドを彷彿させる瞬間が何度も登場します。でも頭2曲を聴いた時点で、俺は思いっきりガッツポーズを取ってたけどね。俺はスクリームがなくなったことで嘆くよりも、こういう音楽を素直にカッコいい、彼らがこれをやることに意味があると信じてます。

 前作をよくMETALLICAの「MASTER OF PUPPETS」と比較する声があったけど(実際彼らは今年、ケラングの付録のために "Master Of Puppets" をカバーしてたけどね)、それじゃあこの新作はどうなるのよ……と考えたところで、実は俺は今回、「RIDE THE LIGHTNING」を作ってしまったんじゃないか?なんて思う瞬間があってね。決して後退ではなく、良い意味でね。より深いルーツを探っていった結果、そこにたどり着いたのかなぁ……なんて思うんだけど、きっと俺だけだろうね、そう思うのは。

 いやぁ、とにかく名盤。今年の10枚への選出決定ですわ。



▼TRIVIUM『THE CRUSADE』(amazon:US盤日本盤

投稿: 2006 10 03 07:19 午後 [2006年の作品, Trivium] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005年9月30日 (金)

TRIVIUM『ASCENDANCY』(2005)

 唐突だけどさ‥‥今年に入って俺の中で、完全にメタルが盛り返しちゃってるんだよなぁ‥‥いや、別に嫌ではないんですよ。ただ、正直な話‥‥ここ数年のメタルやメタルファンに対して、個人的には嫌悪感みたいなのがずっとあったからさ。正面切って「メタルサイコー!!」と素直に言い切れない自分がいたり、と同時にそんな自分を嫌がるもうひとりの自分もいて。好きなのに素直に好きと言い切れない、非常に複雑な心境だったんですよ。

 別に「ヘビメタさん」が始まったから俺内でメタルが盛り返したんじゃなくて‥‥ネットラジオ「RADIO TMQ」でもそのちょっと前にメタル絡みで特番やったりして、更に4月から「メタル十番(盤)勝負」なるコーナーまで始めて。そんな中でSOILWORKやSHADOWS FALLみたいなバンドと出会ったり、それと前後してKILLSWITCH ENGAGE辺りまで聴くようになったり、それまでちょっと敬遠してたARCH ENEMYやIN FLAMESをもう一度ちゃんと聴き返したり。で、そんな新しめのバンドを通過することで素直になれた自分がいて。気づけば「Motley Crue Night」なんつーHM/HR中心のクラブイベントやったり、挙げ句の果てに生涯初の『スラッシュ/デスメタル・バンド結成』ですよ‥‥本気で。どうしちゃったんだろう俺‥‥ってくらいに、もう引き返せないところまで来ちゃってる気がするんですが‥‥

 そうそう、最近のメタルをよく聴くようになって覚えた単語があるんですよ。『M.A. METAL』っていうんですけど‥‥知ってる人は知ってますよね? そう、L.A.メタルと同じように地名を表す『M.A.』‥‥マサチューセッツ州を意味するこのキーワード、要するに『マサチューセッツ州出身の(あるいは活動の拠点がマサチューセッツ?)メタルバンド』ということになるのでしょうか‥‥昨年辺りからSHADOWS FALLやKILLSWITCH ENGAGEといったマサチューセッツ出身のニュースクール(METALLICAやANTHRAXのような旧世代のバンドを『オールドスクール』と呼ぶのに対し、若手のメタルバンドをこう呼ぶそうです)陣がチャート的にも成功したりして、新しいメタルの波がアメリカに押し寄せてるんですよね。またこういったバンドの音楽スタイルを『メタルコア』なんて呼んだりもするそうで‥‥『ヘヴィメタル』+『ハードコア』ってことでいいんですか? もうここまでくると正直よく判りませんけど‥‥もうメロデス(メロディック・デスメタル)なんて呼ばないんですね。

 さ、前置きが長くなりましたが‥‥今回紹介するTRIVIUMというバンドも、この枠に入れても何ら違和感のないバンドでして。インディーズから数年前に1stアルバムをリリースしていて、今回の「ASCENDANCY」からメタル界名門レーベル『ROADRUNNER RECORDS』に移籍して再出発ということなんですね。それに彼等、フロリダ出身だしね。ま、古くはフロリダがデスメタルの整地だったわけですけどね。

 このバンドのメインメンバーであるマット・ヒーフィー、所謂『ハーフ』で生まれは山口県岩国市だというから驚き。幼い頃にフロリダに移り、そこでメタルの洗礼を受けてしまったようで、デビュー盤をリリースした頃はまだ16才(!)。そんな彼も現在では19才‥‥っておい! 19才かよ!?っていう驚きがまずあったのよ、音聴いて。ボーカルスタイルやギタープレイもさることながら、その楽曲の素晴らしさがね‥‥熟練したメタル野郎のソレなわけですよ。

 正直なところ、俺はこのアルバムを聴いて‥‥何がメタルコアなのか、何がメロデスで何がM.A.メタルなのか正直判らなくなったよ。だってさ、これ‥‥どこからどう聴いても、普通のヘヴィメタルじゃん。確かに所々にデス声で歌ってるパートがあるんだけど、サビではメロウに歌ってたりするし、ギターのメロディも完全に正統派ヘヴィメタルのそれだし。様式美とまでは言わないけど、かなりそれに近いものがあると思う。だからなのか、すんなり聴けたし、一発で気に入ったのね。だって所謂オールドスクールを聴いて育った世代からすればこれ、聴きやすいもん。そしてカッコ良い。全編デス声で歌われるとキツイって人もいるかと思うけど、このバンドは曲によっては完全に「普通に歌ってる」曲もあるし、デスの要素は単なる味付け程度でしかない気がするのね。デスはひとつの要素であって、メインにあるのはストロングスタイルのメロディック・ヘヴィメタル。

 至る所でこのバンドを『第二のMETALLICA』、このアルバムを『第二の「MASTER OF PUPPETS」』と例えるのを目にしたりするけど、成る程それもあながち間違ってないのかもな‥‥という気がしないでもない。METALLICAは「MASTER OF PUPPETS」で劇的な変化/成長を経て、歴史に名を刻んだわけだけど、このTRIVIUMの「ASCENDANCY」というアルバムにもそれと同じものを予感させる何かを感じるんだよね。ま、『第二の〜』云々はこの際どうでもいいんだけど、コア方面一辺倒な流れを変えるに十分な魅力と破壊力を持った1枚なんじゃないかな。

 こういう良質な若手バンドがバンバン出て来るんだったら、今のメタルシーンも捨てたもんじゃないよな‥‥素直にそう思いますよ。だって彼等なんてまだ2枚目ですよ!? 順調に成長していったら‥‥行く末怖い存在になるんじゃないかと‥‥うん。楽しみだ。



▼TRIVIUM『ASCENDANCY』(amazon:日本盤US盤

投稿: 2005 09 30 12:31 午前 [2005年の作品, Trivium] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック