2018年12月26日 (水)

2018年総括(番外編):HR/HM、ラウドロック編

隔月の奇数月に「リアルサウンド」さんにて、HR/HMやラウドロックの新譜キュレーション記事を書いているのですが、2018年のまとめ記事となる年間ベスト10紹介エントリー「西廣智一が選ぶ、2018年ラウドロック年間ベスト10 ネガティブな話題の中にも豊作が揃った1年」が12月25日に公開されました。

基本的には順位を付けるのは苦手なのですが、ここでま毎回思い切って1位から10位まで順番をつけて10枚紹介しています。今年に関しては上位3作品に関しては不動なのですが、4位以降は日によって変動があると思うので、セレクトの際に泣く泣く10枚から落とした準候補10枚を加えた20枚を紹介する意味で、SpotifyとApple Musicに記事と同名のプレイリストを作成しました。

改めて、20枚を紹介しておきますね(基本的には順位は付けていませんが、先のリアルサウンドさんで1〜10位と順位付けしているため、便宜上20までナンバリングしておきます)。


01. DEAFHEAVEN『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』(レビュー
02. VOIVOD『THE WAKE』(レビュー
03. ALICE IN CHAINS『RAINIER FOG』(レビュー
04. Crystal Lake『HELIX』
05. AZUSA『HEAVY YOKE』(レビュー
06. IHSAHN『ÁMR』(レビュー
07. JUDAS PRIEST『FIREPOWER』(レビュー
08. SIGH『Heir to Despair』
09. LOVEBITES『CLOCKWORK IMMORTALITY』(レビュー
10. ARCHITECTS『HOLY HELL』(レビュー
11. CORROSION OF CONFORMITY『NO CROSS NO CROWN』(レビュー
12. FEVER 333『MADE AN AMERICA』(レビュー
13. GHOST『PREQUELLE』(レビュー
14. THE STRUTS『YOUNG & DANGEROUS』(レビュー
15. MANTAR『THE MODERN ART OF SETTING ABLAZE』
16. NINE INCH NAILS『BAD WITCH』(レビュー
17. NOTHING『DANCE ON THE BLACKTOP』(レビュー
18. SHINEDOWN『ATTENTION ATTENTION』(レビュー
19. SLEEP『THE SCIENCES』
20. CHTHONIC『BATTLEFIELDS OF ASURA』


最初の10曲が「リアルサウンド」さんで紹介した10枚から。一応順位どおりに楽曲を並べています。で、後半の10曲が選から漏れた10枚から。こちらは基本的には順不同ですが、まあ大体こんな並びかなと。基本的には当サイトで紹介した作品、あるいはキュレーション連載で紹介した作品ばかりですが、個人的にはこういう1年だったのかなとこれを聴いて振り返っているところです。

せっかくなので、この20枚から漏れた「今年よく聴いたHR/HM、ラウドロック系アルバム」も紹介しておきます。こちらはアルファベット順に並べています。


・BEHIMOTH『I LOVED YOU AT YOUR DARKNESS』
・BURN THE PRIEST『LEGION: XX』(レビュー
・COHEED AND CAMBRIA『THE UNHEAVENLY CREATURES』
・Crossfaith『EX_MACHINA』
・DIMMU BORGIR『EONIAN』(レビュー
・DIR EN GREY『The Insulated World』
・Graupel『Bereavement』
・GRETA VAN FLEET『ANTHEM OF THE PEACEFUL ARMY』(レビュー
・HALESTORM『VICIOUS』(レビュー
・HER NAME IN BLOOD『POWER』
・JONATHAN DAVIS『BLACK LABYRINTH』(レビュー
・LOUDNESS『RISE TO GLORY -8118-』(レビュー
・MICHAEL SCHENKER FEST『RESURRECTION』(レビュー
・OBSCURE『DILUVIUM』
・A PERFECT CIRCLE『EAT THE ELEPHANT』
・SAXON『THUNDERBOLT』(レビュー
・SHINNING『X - VARG UTAN FLOCK』
・SKINDRED『BIG TINGS』(レビュー
・SURVIVE『Immortal Warriors』
・THERAPY?『CLEAVE』(レビュー
・U.D.O.『STEELFACTORY』(レビュー
・UNITED『Absurdity』
・VENOM『STORM THE GATES』(レビュー
・陰陽座『覇道明王』

投稿: 2018 12 26 05:14 午前 [2018年の作品, A Perfect Circle, Alice in Chains, Architects, Azusa, Behemoth, Burn The Priest, Chthonic, Coheed and Cambria, Corrosion of Conformity, Crossfaith, Crystal Lake, Deafheaven, Dimmu Borgir, DIR EN GREY, Fever 333, The, Ghost, Graupel, Greta Van Fleet, Halestorm, HER NAME IN BLOOD, Ihsahn, Jonathan Davis, Judas Priest, Loudness, LOVEBITES, Mantar, Michael Schenker Fest, Nine Inch Nails, Nothing, Obscure, Saxon, Shinedown, Shinning, Sigh, Skindred, Sleep, Struts, The, Survive, Therapy?, U.D.O., United, Venom, Voivod, 「1年のまとめ」, 「音楽配信」, 陰陽座] | 固定リンク

2018年12月17日 (月)

VENOM『STORM THE GATES』(2018)

2018年12月発売の、VENOM通算15枚目のスタジオアルバム。前作『FROM THE VERY DEPTHS』(2015年)から3年11ヶ月ぶり、ほぼ4年ぶりの新作となります。

前作『FROM THE VERY DEPTHS』は個人的に2015年の年間ベストアルバム10枚の中に選ぶくらいよく聴いた1枚でした。正直、VENOMというと初期の『WELCOME TO HELL』(1981年)や『BLACK METAL』(1982年)で聴ける“劣悪なサウンドの中、何をやってるのかわからないけどとにかくすごい”スタイルの印象が強く、これまではどちらかというと敬遠してきたバンドのひとつだったのですが、そのイメージをガラリと変えられたのが『FROM THE VERY DEPTHS』だったわけです。

クロノス(Vo, B)、レイジ(G)、ダンテ(Dr)という現在の布陣になってから来年でまる10年という記念すべきタイミングに発表された今作も、基本的には前作の延長線上にある1枚。よくブラックメタルの始祖と言われますが、そのイメージで触れるとちょっと肩透かしを食らう、至極真っ当なスタッシュメタル/爆走メタルが展開されています。

もともとMOTÖRHEADとの共通点も語られることの多い彼らですが、本作にはその影響がかなり強くにじみ出ているのではないでしょうか。思えば前作リリース時にはまだレミーは生きていたわけで、そう考えると本作のこのスタイルはレミーおよびMOTÖRHEADに対するトリビュートと受け取ることもできるのではないでしょうか。

疾走感のあるメタリックな楽曲よりも、そういった爆走ロックンロール的な楽曲(「Notorious」「Dark Night (Of The Soul)」や、終盤の「Immortal」「Storm The Gates」あたり)のほうが、今作に限っては魅力的に映る。そして、今作ではそういったノリが非常に気持ち良い。不思議なもので、このアルバムに触れる前はスラッシーなサウンドを求めていたはずなのに、聴き終える頃にはこの猪突猛進な爆走感が愛おしく思えてくるのです。

特にラストナンバーにしてタイトルトラックの「Storm The Gates」は、邪悪さを通り越した凄みが感じられる、個人的にも推し曲のひとつです。爆音で聴き終えたときの清々しさといったら。ねえ。

もちろん、アルバム冒頭を飾る攻撃的なメタルチューン「Bring Out Your Dead」や「I Dark Lord」といった、ヘヴィメタルファンが喜ぶ楽曲も用意されています。そういう意味では、後期MOTÖRHEADのようなスタイルが好みのリスナーにはうってつけの1枚かもしれませんね。個人的にはこれ、大好物です。



▼VENOM『STORM THE GATES』
(amazon:海外盤CD / MP3


投稿: 2018 12 17 12:00 午前 [2018年の作品, Venom] | 固定リンク