2017年11月26日 (日)

SONS OF APOLLO『PSYCHOTIC SYMPHONY』(2017)

ヘヴィメタルが世界的に大きなヒットを飛ばした80年代後半になると、“スーパーグループ”と呼ばれるような組み合わせの新バンドがいくつか結成され話題になりました。MR. BIGなんてまさにそれでしょうし、BLUR MURDERBAD ENGLISHもそう呼べるでしょう。90年代に入りメタルシーンが低迷し始めると、解散したバンドのメンバーが集まって新しいバンドを組み始める。必然的にそれらは“スーパーバンド”と呼ばれても不思議じゃないメンツになっており、もはや「“スーパー”とは?」とスーパー感がごく当たり前になってしまったことで有り難みが薄れてしまった。それは2017年になった現在、より強まっているのではないでしょうか。

しかし、そんな自分ですら「そうきたか!」と思わせられた最新の“スーパーバンド”が、今回紹介するSONS OF APOLLO。マイク・ポートノイ(Dr)、デレク・シェリニアン(Key)、ロン・“バンブルフット”・サール(G)、ビリー・シーン(B)、ジェフ・スコット・ソート(Vo)という80〜90年代のHR/HMファンなら誰もが一度は名前を耳にしたことがあるであろう面々ばかり。マイクとデレクは90年代後半にDREAM THEATERで一緒だったし、ビリーは現在MR. BIGのみならずTHE WINERY DOGSではマイクと活動をともにしている。バンブルフットは元GUNS N' ROSESで現在はART OF ANARCHYのメンバーだし、ジェフは初期YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCEのシンガーで、一時はJOURNEYにも在籍していた。過去に在籍したバンドをカードに勝負することがあったら、間違いなく“勝てる”組み合わせです。

そんな彼らが組んだSONS OF APOLLOのデビューアルバム『PSYCHOTIC SYMPHONY』は、このメンツから想像できる音=プロヴレッシヴメタルが展開されています。DREAM THEATER的でもあり、昨今のヘヴィ/ラウドロック的でもある。ボーカルがジェフという時点でDREAM THEATERに似ないことはわかっていましたが、ここまでオリジナリティに満ちあふれた存在感を打ち出すかと、一聴して驚かされました。

80年代以降のDEEP PURPLE的な側面もあり、90年代以降のプログレメタルのカラーもしっかり受け継いでいる。それでいて現代にも通用するラウド感を持ち合わせているんだから、強いったらありゃしない。

楽曲もいきなり11分超の大作「God Of The Sun」から始まり、中盤に9分超えの「Labyrinth」を配置しながら、ラストは11分近いインストナンバー「Opus Maximus」で幕を降ろす。その間には4分前後のコンパクトな楽曲が配置されており(それでも十分に“プログレ”してるんですが)、とにかく情報量と聴きどころ詰め込みすぎな印象。すべてを理解するには、3回、4回と何度も聴き込む必要があります。

けど、最近のアルバムって数回聴いて「しばらくいいか」と思ってしまうようなものも少なくないので、こういう密度が高くて「もっと理解したい!」と思わせてくれる力作との出会いは正直嬉しくもあるんですよね。

5人の個性と技術が克明に打ち出されたこのデビュー作をもって、彼らは2018年に本格的なツアーを行うそうです。これ、ライブで観たら本当にどうなっちゃうんだろう……今からドキドキとワクワクが止まらない、そう久しぶりに感じさせてくれた1枚です。



▼SONS OF APOLLO『PSYCHOTIC SYMPHONY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 11 26 12:00 午前 [2017年の作品, Dream Theater, Guns N' Roses, Mr. Big, Sons of Apollo, Yngwei Malmsteen] | 固定リンク

2017年1月 8日 (日)

YNGWEI J. MALMSTEEN'S RISING FORCE『ODYSSEY』(1988)

イングヴェイ・マルムスティーンのソロ名義(RISING FORCE名義含む)での通算4作目のアルバム。いわゆるギターファンには初期3作(1984年の『RISING FORCE』、1985年の『MARCHING OUT』、1986年の『TRILOGY』)に対する評価が高いと思うのですが、そもそもそこまで速弾きが好みではない自分からすると、初期のインスト主体の作風はそこまでピンとこなくて。むしろそのへんは大人になってからのほうが受け入れられるようになった気がします。

で、この4thアルバム『ODYSSEY』はそれまでの歴代シンガー(ジェフ・スコット・ソート、マーク・ボールズ)のように、当時そこまで知名度の高くなかった方々と違い、すでに名のあるジョー・リン・ターナー(後期RAINBOW)をフロントマンに据えることで、一気にメジャー感が増した1枚。何より、歌メロの親しみやすさが急増したのがポイントで、本作からの1stシングル「Heaven Tonight」のキャッチーさ(これこそ「All Night Long」以降RAINBOWが目指したポップ路線の延長)がすべてを物語ってるんじゃないでしょうか。イングヴェイ、この曲によって本気で全米制覇を目指したんだろうなぁ。

本作がリリースされたのも1988年(この縛り、まだ続いてたのか。笑)。前年1987年にBON JOVI、WHITESNAKE、DEF LEPPARD、MOTLEY CRUE、そしてGUNS N' ROSESらが勃発させたアメリカでのHR/HMブームによって、いわゆるB級バンドにまで注目が集まり始めたタイミングということもあり、それまでカルト的な人気を誇るギタリストだったイングヴェイも「これは!」と思ったに違いない。そこで手に入れた相棒ジョー・リン・ターナーの知名度と実力によって「俺、行けるんちゃう?」と思ったことでしょうね。

確かに本作、これまでの彼の作品の中ではもっとも高い全米40位という記録を樹立。イギリスでも初のチャートイン(27位)を果たしており、それなりの結果を残しております。実際「Heaven Tonight」のMVも当時MTVなどでかなり目にしたんじゃないでしょうか(ここ日本でもTBS『PURE ROCK』でオンエアされてましたし)。でも、ジョーはこのアルバム1枚のみで脱退。その後、セールスにおいては本作並みの成功を手にいれることはできておりません。ただ、別の意味で知名度は高めたので、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

(にしても、このMVでのボーカル以上に目立とうとするイングヴェイ。冷静に観ると笑えてきますね)

このアルバム、今聴いても本当に良い“歌モノ”HRアルバムですね。オープニング2曲「Rising Force」「Hold On」の美メロ、ポップな「Heaven Tonight」、泣きの「Dreaming (Tell Me)」、ゴリ押しのインスト「Bite The Bullet」からドラマチックな歌モノ「Riot In The Dungeons」や「Deja Vu」、終盤のクライマックス「Faster Than The Speed Of Light」から続くインスト2連発「Krakatau」「Memories」。単なる歌モノで終わらせず、ちゃんとイングヴェイらしい自己主張もインスト3曲で果たしてる。このバランス感でかろうじて「イングヴェイのアルバム」という面目を果たしているというか。さすがですね。

改めてクレジットを見ると、ベースにボブ・ディズリーが参加してたり、ドラム&キーボードがアンダース&イエンス・ヨハンソン兄弟だったり、ミックスを担当してるのがスティーヴ・トンプソン&マイケル・バルビエロだったりと、いろいろ時代を感じさせます。そういえば、過去3作と比べて音質が良くなった気がしたのも、こういったエンジニア陣の尽力によるものだったんですね。納得です。



▼YNGWEI J. MALMSTEEN'S RISING FORCE『ODYSSEY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 08 12:00 午前 [1988年の作品, Yngwei Malmsteen] | 固定リンク